HOME >  CODA AUDIO >  ViRAY
ViRAY
ViRAY    

  ViRAY
※クリックすると拡大できます。


  • 2つのダイアフラムを搭載した平面波ドライバー(DDP)やViCOUPLERを搭載。コンパクトながら3-Way構成を実現。アレイ時のパワーは従来の大型サイズのスピーカーと同等の高出力とクリアなサウンドを実現。
  • 幅674×高242×奥行362mm、質量25.5kgのコンパクトサイズ。荷重条件の厳しい会場でも多段のラインアレイを使用できます。仮設・常設問わず、様々な状況に対応可能。
  • オプションの「ViCOUPLER 80°」で水平方向の指向角を120°から80°に変更可能。
  • キャビネットと一体化したリギングシステムで、すばやく簡単に設置可能。フライングだけでなくグラウンドスタッキングのどちらにも使用でき、カリキュレーションソフトウェア“EASE Focus 2”でどんなアプリケーションでも完璧なカーブを算出します。
  • 豊富なアクセサリーを用意。フライングやドリーは、使用前にキャビネットの角度をセットすれば、そのままの状態で運搬可能。少ない人員で短時間にセットアップ可能なうえ、輸送時の容積や移動コストを低減。
  • LINUS RACKとシステム化。搭載されたパワーアンプ “LINUS10”はリニアフェイズを実現する高品位DSPを内蔵。
  • オプションでウォータープルーフ加工(IP-55)とRAL指定のカラーリングが可能です。
    ※最低ロット数など、詳細はお問い合わせください。

2つのダイアフラムを搭載したラインソース用「同軸」平面波ドライバー (DDP)

ViRAYは、8インチの中高域のコアキシャルシステムに独自の「DDP(デュアルダイアフラム平面波ドライバー)」を搭載しています。DDPは、真に位相のとれた平面波面を長方形のピストンから放出するために新たに開発され、内部回折のない優れた分散能力と信頼性の高いクリアなサウンドを実現しています。2つのリングダイアフラムを同軸上に配置する構造は、パワーハンドリングを増強し極めて低い歪み率を達成しています。

ドライバー     DDP_リングダイアフラム

ViCOUPLER


今までの設計では、後方に回り込む中高域の音が低域ドライバーのコーンに反射し、直接放射される音と反射される音の間で位相干渉が生じていました。

それに対し、ViRAY は全てのドライバーに搭載されたViCOUPLER テクノロジーにより、位相のそろった滑らかで均一な波面を獲得しています。各周波数がばらつきのないほぼ同じカバレージを形成し、120°の広範囲をカバー。コントロールのしやすさも群を抜いています。 


従来の設計 ViCOUPLER搭載のViRAY  


■ 中高域の平面波ドライバー用のウェーブガイド
アレイに搭載された際は、回折のない大きなフラットバッフルにはめ込まれた単一のウェーブガイドとして機能します。

■ 平坦なスクリーンパネル
キャビネットに搭載されたスクリーンパネルは、後方への反射と回り込みを防ぎます。

■ フェーズプラグ
精密なフェーズプラグは、8 インチの低域ドライバーに最適化されています。位相の取れた低域のカップリングを確実にし、350Hz 以下の帯域に一貫性の取れた完璧なカバレージを提供します。


※ViCOUPLER は、
  • トランスデューサーから生み出されたエネルギーを結集して、単一音源を出現させます。
  • アレイに組んだ際に、圧倒的なパワーとコントロールのしやすいサウンドが生み出されます。 


ViCOUPLER 

コンパクトで軽量なキャビネット


ViRAY は、幅674 ×高242 ×奥行362mm のコンパクトサイズで、極めて頑丈なポリウレア樹脂で塗装を施しています。質量は、25.5kg の軽量設計。吊り下げ時の重量も少ないため、荷重条件の厳しい会場でも多段のラインアレイを使用できます。キャビネットと一体化したリギングシステムは、すばやく簡単に設置が可能。フライング、グランドスタッキングのどちらにも使用でき、カリキュレーションソフトウェア“Coda EASE Focus”でどんなアプリケーションでも完璧なカーブを算出します。また、アクセサリーも豊富に用意しています。連結したキャビネットの角度を事前にセットすれば、そのままの状態で運搬・フライングが可能です。少ない人員で短時間にセットアップ可能な上、輸送時の容積も節約できるため、移動の多い大型ツアーの運用コストを低減します。

専用サブウーファー“SCV-F”


SCV-F  ViRAY の専用サブウーファー“SCV-F” を用意しています。ViRAY と同じ幅で設計されており、組み合わせて使用した際に美しく設置できます。フライングだけでなく、グラウンドスタックにも対応します。
SCV-F に搭載されたヴェロシティセンサーは、ボイスコイルの動きをリアルタイムで正確に測定。入力音源と比較してアンプのドライブを調整し、ウーファーユニットの微細な誤差を訂正するフィードバック・ループにより、極めて正確な重低音を提供します。また、SCV-F 用に無指向性と単一指向性のアレイプリセットを用意しています。
※SCV-Fについて詳細はこちらから。

アレイシステム例
ViRAY寸法図
  ViRAY
連結台数FR-VR使用時:最大24台、FRT-VR使用時:18台
周波数特性55Hz~22kHz(-3dB )
許容入力(AES/ピーク)低域:600W/2400W
中域:150W/1300W
高域:80W/400W
感度(1m/1W)低域:99dB
中高域:112dB
最大音圧低域:133dB(+6dB)
中高域:142dB(+6dB
カバレージ角水平:120°(または80°) 垂直:アレイ構成による
ドライバー構成低域:2×8インチ(200mm)ネオジム磁石採用2インチ(50.8mm)ボイスコイル、2×300W(AES)
中高域:8インチ(200mm)コアキシャル平面波ドライバー、ネオジム磁石採用
中域: 3.5インチ(90mm)ボイスコイル、150W(AES)
高域:1.75インチ(44.4mm)ボイスコイル、80W(AES)
クロスオーバー600Hz(アクティブ)、6.3kHz(パッシブ)
入力コネクター2×Neutrik™ NL4(1×Input+1×Link)
公称インピーダンス低域:16Ω(1+/1-)
中高域:16Ω(2+/2-)
エンクロージャー形状:台形 2×5°、素材:合板
仕上げポリウレア樹脂塗装、黒
フライング金具製品に含む
寸法・質量W674×H242×D385mm、25.5kg


システムパフォーマンス
アレイ水平カバレージ垂直カバレージ最大ピーク
1台120°または80°12°133dB
2台120°または80°0~10°139dB
4台120°または80°0~40°145dB
8台120°または80°0~80°151dB


ViRAY ViRAY ViRAY
ツアリング用システムラック
LINUS RACK 20T / LINUS RACK 40T LINUS RACK 20T_40T
▼ViRAY 仕様書 
仕様書ダウンロード 

別売り アクセサリー 

FR-VR

アレイフレーム

FRT-VR

コンパクトフレーム

DOW-VR-12

ダウンフィルフレーム

EXBAR-VR

エクステンションバー

LP-VR

リモート角度計取付金具

SA-VR

ViRAY用傾斜金具

TILT-VR

グランドスタッキング用傾斜金具

VGA

グランドスタック用アダプター

ViCOUPLER 80°

ウェーブガイド

LAC

角度計取付クランプ

このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。