HOME >  CODA AUDIO >  ラインアレイスピーカーシステム >  Line Array System
Line Array System
AiRAY_array ViRAY_array TiRAY_array
AiRAY

1キャビネットで148dB の高音圧。ハイエンドクラスのスピーカーを凌駕する3-Way ラインアレイ。
ViRAY

コンパクトながら3-Way を実現。DDP テクノロジーに裏付けられた解像度の高い音質と圧倒的な音圧。
TiRAY

両手で1本を持ち運べるコンパクトサイズ。一人でセッティングができ、小規模ライブやイベントなどに最適。




  High Output Compact Compact Ultra Compact
アレイモジュール AiRAY ViRAY TiRAY
サブウーファー
-
(SC4)(U4)
ベースエクステンション
(低域拡張)
SC2-F SC2-F TiLOW
DSPコントローラー
&アンプ
( )の製品は、状況・場合によって組み合わせ可能。詳細はお問い合わせください。

■Planar wave driver:平面波ドライバー

 独自開発の4インチの平面波ドライバーはAIRLINE LA-Seriesのラインアレイの心臓部です。平面波ドライバーは高いエネルギーを生み出すネオジム磁石と独自のアニュラー・リングダイアフラムを内蔵しており、ダイアフラムは140mm長の湾曲形リボンダイアフラムと同様の働きをし、20kHzまで平坦な周波数特性を実現しています。また、優れた指向性制御と音を忠実に再現するため、長方形のピストンから内部回折なしで平坦な波面を放射する独自のウェーブガイド技術を開発しました。設計は高精度を極め、個々のユニット間のタイムアライメントを完璧に施しており、線状音源をつくり出しています。

LA4のドライバー

Ailine1

 平面波ドライバー 
※クリックすると拡大できます。
連結の手順が極めて簡単。明快なリギングシステムと標準付属のケーブルを本体に収納できる合理的なキャビネットは、ケーブルを別途用意することなく簡単にセットアップできます。フライング、グランドスタックの両用が可能。
 
  リギングシステム2
リギングシステム
※クリックすると拡大できます。

カリキュレーションソフト“Coda EASE Focus 2”

ラインアレイの音源を二次元でモデリングするソフトウェアです。直感的なインターフェースで、設置会場に合わせたアレイ性能を簡単かつ迅速に予測します。従来の2Dソフトウェアツールと比べると、EASE Focusの適用性はかなり大規模で、ISO9613をはじめとする多くの規格に則って、気温の影響、気圧や湿度を考慮し、アレイの正確な位置、角度、最大音圧、システムの総重量を計算します。Coda EASE FocusはAIRLINEラインアレイシステムのすべてをサポートしており、無料で利用可能です。

■ ダイレクトサウンドの3Dデーターを作成。水平および垂直のカット面を表示。
■ EASE GLLファイルのフルサポート。EASEとのデーター交換も可能。
■ 1つのプロジェクトで複数のラインアレイシステムを使用することが可能。
■ シミュレーション上でラインアレイのチューニングができるバーチャルイコライザーを内蔵。
■ コラム構成など、スピーカーのデジタル操作をサポート(e.g.ビームステアリングフィルター内蔵のDLLを追加する必要があります)。
■ 20Hz~20kHzまでのフルレンジをカバー。
■ 高度な内部データーの解像度とGLLデーターフォーマットによる高精度。


 
EASE Focus2
※クリックすると拡大できます。 

ウォータープルーフ加工とカラーリング

ラインアレイシステムの全モデルは、ウォータープルーフ加工(IP-55)とRAL指定のカラーリングが可能です。
※最低ロット数など、詳細はお問い合わせください。

このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。