DPA-Technologies

DPA-Technologiesについて

HOME > DPA Microphones >  NEWS  >  マイクロホン・テクニック・セミナーを開催します!(受付終了)
マイクロホン・テクニック・セミナーを開催します!(受付終了)
2017年8月31日
DPA Microphonesセミナー(受付終了) 

 ご好評につき定員に達しましたので、
セミナーの受付を締め切らせていただきました。

MUSICASA地図
2017年10月4日(水)12:30開場 13:00スタート

※セミナーは18:30頃終了予定です。その後、実際にセミナーで使用したマイクロホンに触れながら、講師と気軽に話ができる時間を設ける予定です。

●会場
  MUSICASA(ムジカーザ)
  東京都渋谷区西原3-33-1 TEL:03-5454-0054
  小田急線・東京メトロ千代田線「代々木上原駅」東口より徒歩2分

●参加費
  無料
  ※事前登録制です。
  ※会場の席数が限られているため、申し込みは先着順で受け付け、
   定員に達し次第、受け付けを終了させていただきます。
  ※定員に達しましたので、受付を終了させていただきました。

●講師紹介とセミナーの詳細

深田晃深田 晃 
dream window Inc. 代表)
NHK番組制作技術部やCBS/SONY録音部のチーフエンジニアを歴任
------
マイクロホンの基礎とDPAマイクロホンの特徴について
①マイクロホンの基礎と特性上の留意点について
②アコースティック録音におけるDPAマイクロホンの使用例とサウンドサンプル
③3D時代におけるDPAマイクロホンの可能性について 


オノセイゲンオノ セイゲン 
サイデラ・パラディソC.E.O. エンジニア/ミュージシャン)
レコーディングやマスタリング、音響空間のコンサルティングなども手掛ける 
------
マイクロホンの適切な選択とマイキングの重要性
①単一指向性マイクロホンの聞き比べ ~ 4011と2011
②無指向性マイクロホンの聞き比べ ~ 4006と2006
③プリアンプの機動力とポジションの重要性


Rune SlotRune Slot
(DPA Microphonesグローバルセールス)
FOH/MONエンジニアとして数々のアーティストをサポート。現在は世界中でDPA製品のセミナーを開催
 ------
DPAマイクロホンによるライブステージ・アプリケーション
◉d:vote4099、2011、d:screetミニチュアマイクなどを使用する楽器の収音方法など(予定)
d:dicate Recording Microphones 



★本セミナーに関するご質問は下記または営業担当までお問い合わせください。

ヒビノインターサウンド株式会社 DPA Microphones担当 
TEL:03-5783-3882
E-mail:dpa_microphones@hibino.co.jp




このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。