トップ  >   お知らせ  >   【iBasso Audio“HDP-R10”】発売を2012年夏に延期いたします。
【iBasso Audio“HDP-R10”】発売を2012年夏に延期いたします。
2012年4月26日
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
 
Reference High Definition music Player
iBasso Audio“HDP-R10”
 
“High Precision Trinity construction”構想を徹底するため、2012 年夏に発売を変更

ヒビノインターサウンド株式会社はiBasso Audio 社と共同開発しておりますリファレンス・ミュージックプレイヤー“HDP-R10”の発売を当初ご案内しておりました2012 年春から延期し、2012 年夏に発売することといたしました。詳しい発売日に関しましては決定次第、改めてご案内申し上げます。

※参考画像。製品の外観は変更されます。

今回の発売延期ではHD デジタルミュージックソースからヘッドホン、イヤホンまでの伝送損失を抑える、“High Precision Trinity construction”構想をさらに強化。ハードウェア、ソフトウェア両面から充実を図ります。幅広い再生フォーマットへの対応するソフトウェアを開発。アンプやバッテリー、I/V 変換などのハードウェアも大幅に強化し、さらなる高音質を目指しました。

本製品の発売をお待ちいただいております皆様にはたいへんご迷惑をお掛けいたしますこと深くお詫び申し上げます。何卒発売までお待ちいただきますようお願い申し上げます。


■HDP-R10の主な特長
・24bit/192kHz のハイレゾリューションサウンドを再生。
・DSD(DSF)、FLAC、ALAC、AIFF、AAC、WAV、WMA、OGG、APE、MP3 などの幅広いフォーマットに対応予定。
・カナダESS Technology 社の32bit-DAC「SABRE32 Reference audio DAC ES9018」を搭載(I2S 伝送にて接続)。
 I/V 変換には、高精度・低歪みオペアンプをLR 独立して搭載予定。高性能DAC の性能を最大限に引き出します。
・ヘッドホンアンプ部には、Texas Instruments 社の高精度高速オペアンプ「OPA627」および高速バッファ「BUF634」をLR     独立して搭載。iBasso Audio のオーディオテクノロジーを結集した、高いヘッドホン駆動能力を実現しています。
・アップサンプリング機能を搭載。さらにアップサンプリングした音声のデジタル出力やライン出力が可能です。
・4800mAh の大容量リチウムポリマーバッテリーを搭載予定 ( 電気用品安全法に対応)。
・高剛性、 無振動、無共振を追求したアルミニウム合金モノブロック削り出しマウントベースをオプションで用意。
・Android OS 採用。
・Wi-Fi 通信機能(TELEC 認証取得)。
・USB スロット搭載。
・64GB フラッシュメモリーを内蔵。
・Micro SD(microSDHC 対応) カードスロット搭載。
・ヘッドホン出力2 系統(6.3mm、3.5mm)、デジタル出力2 系統、及びライン出力装備。

※開発中の仕様のため、製品発売時は外観や仕様が異なる場合があります。

■お問い合わせ

お客様のお問い合わせ窓口 TEL: 03-5783-3880 FAX: 03-5783-3881
報道関係のお問い合わせ窓口 TEL: 03-5783-3885 FAX: 03-5783-3881