トップ  >   お知らせ  >   hibino/iBasso "MICRO PRECISION DH1"発売
hibino/iBasso "MICRO PRECISION DH1"発売
2014年5月9日
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
hibino/iBasso “MICRO PRECISION DH1”
多彩な音楽フォーマットに対応し、ハイレゾミュージックの魅力を
余すところなく紡ぎ出すUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ

ヒビノインターサウンド株式会社(本社: 東京都港区、代表取締役社長:榎本隆二)はiBasso Audio社との強力なパートナーシップにより開発したUSB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ“MICRO PRECISION DH1”を2014年6月13日より発売いたします。MICRO PRECISION DH1 は日本のマーケットニーズに対応するため新たに立ち上げた新ブランド「hibino/iBasso」が発表する第一弾モデルです。現在標準化しているほとんどの音楽フォーマットに対応し、32bit/192kHzのハイレゾ音源を忠実に再現。小型、軽量ながら人気の高まるハイレゾ音楽を高品位にお楽しみいただけるヘッドホンアンプです。

MICRO PRECISION DH1

製品名 カテゴリー 価格 発売日
MICRO PRECISION DH1 USB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ オープンプライス 2014 年6 月13 日

■ MICRO PRECISION DH1の主な特徴

●デジタル部

  • 32bit DACに対応したTexas Instruments(Burr-Brown)PCM1795を搭載し、極めて高品位にハイレゾ音源を再現します。
  • ・PCM32bit/192kHz、DSD64(2.8MHz)/128(5.6MHz)までのネイティブ再生が可能。現在運用されているほとんどのハイレゾミュージックを再生できます。
  • ASIO2.1/DoP に対応。専用ドライバーにより、ASIO2.1とDoP(DSD over PCM)の両方に対応し、DSDはネイティブ再生が可能です。
  • MICRO PRECISION DH1に内蔵した、2系統の独立したクロックで制御するアシンクロナス・モード(非同期モード)を採用。44.1/88.2/176.4kHz、DSD2.8/5.6MHz 及び、48/96/192kHzの2系統のクロックを変換することなくDACへ転送できます。
  • USB Audio Class 2.0に対応し、32bit/192kHzをビットパーフェクトの状態で再生できます。※32bitはWindows8以降で対応しています。

●アナログ部、入出力、電源など

  • 64ステップのデジタルボリュームを搭載。左右の音量差(ギャングエラー)が極めて少なく、どの音量でも高音質が楽しめます。
  • ライン出力を装備。高品位なコンポーネントと接続することで、メインの試聴機としても活躍します。
  • 16~300Ωの幅広いヘッドホンインピーダンスに対応し、小型ながら200mW+200mW(16Ω)の出力が可能です。
  • USBバスパワーで動作します。

●筐体、仕上げ

  • 熟練した職人によるハンドメイドのヘアライン加工を施した高級感あふれる筺体。
  • 軽量ながら高い剛性を備えたアルミニウム削り出しを採用。


■お問い合わせ

お客様のお問い合わせ窓口 TEL: 03-5783-3880 FAX: 03-5783-3881
報道関係のお問い合わせ窓口 TEL: 03-5783-3885 FAX: 03-5783-3881

■仕様

周波数特性 10Hz~45kHz、-2.5dB
S/N比 120dB
デジタル入力 USB:16/24/32bit ※ 32bit はWindos8 以降のみ
対応サンプリング PCM44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz、DSD2.8MHz(DSD64)/5.6MHz(DSD128)
対応OS Windows XP/Vista /7/8、MAC OS10.6.3 以降(OS 標準ドライバーで動作)
最大出力 200mW+200mW(16 Ω )
電源 USBバスパワー
ヘッドホンインピーダンス 16Ω~300Ω推奨
コネクター 3.5mmステレオミニジャック×2、USBミニソケット×1
寸法(※)・質量 W52×H12×D93mm、82g 
※除突起部