トップ  >   お知らせ  >   MUTEC “ REF10 ” 発売
MUTEC “ REF10 ” 発売

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

2017 年10月11 日

MUTEC " REF10 "

幾重にも施された低ノイズ設計で純粋な音楽性を引き出す
10MHzリファレンスクロック・ジェネレーター

ヒビノインターサウンド株式会社( 本社:東京都港区、代表取締役社長:榎本隆二) は、ドイツMUTEC(ミューテック)の10MHzリファレンスクロック・ジェネレーター“REF10”を2017年10月17日より発売いたします。

REF10は、デジタル再生システムの性能を格段に向上させる、10 MHz信号を生成するリファレンスクロック・ジェネレーターです。精度の高いクロックリファレンスと幾重にも施された低ノイズ設計により、DAコンバーター(DAC)、ミュージック・サーバー、リクロッカーといったデジタル再生システムの音質を最大限に向上させます。

REF10_black
REF10 Black:黒

製品名 カテゴリー 価格 発売日
REF10  10MHz リファレンスクロック・ジェネレーター オープンプライス 2017 年10 月17 日

■ドイツ国内でハンドメイドされた超低位相ノイズOCXO を採用
REF10 は、10 MHz 信号を生成するリファレンスクロック・ジェネレーターです。いわゆる「原子クロック」と呼ばれるセシウムやルビジウムを使用したクロックと異なり、特製のOCXO( 恒温槽付水晶発振器) を採用しています。セシウムやルビジウムの安定性は、電源を入れたまま10 年といった長期にわたる運用をした際に有用ですが、デジタルオーディオを目的とする使用には本質的に無関係です。MUTEC のR&D のエンジニアたちは、位相ノイズなどの観点からみるとOCXO を採用することが最良と判断。ドイツ国内でハンドメイドされた超低位相ノイズOCXO を業界最高水準に高めてREF10 に採用し、デジタルオーディオに必要とされる時間領域における最高レベルのクロック安定性を実現しています。精度の高いクロックを提供できるうえ、位相ノイズ特性にも優れているため、音質が顕著に向上。DAC やミュージック・サーバー、リクロッカーなど、REF10 に接続するデジタル再生システムの性能を飛躍的に高め、純粋な音楽性を引き出します。

■幾重にも施された低ノイズ設計
REF10_Phase Noise位相ノイズは電源の特性の影響を受けるため、REF10 の電源部は超低ノイズのデュアルリニア電源を搭載しています。リニア電源の定電圧出力により出力電圧の精度を向上させてリプルやノイズをほとんど発生させないという利点に、REF10 専用に新たに設計し直した技術を投入。ドイツ製のトロイダルトランスをベースとし、電源電圧に対する最良の干渉抑制を保証する低ESR コンデンサーを搭載し、超低ノイズ電源を実現。その結果として得られた特性は- 166dB 以下という優れたノイズフロアに達し、1Hz でも位相ノイズは- 116dB 以下という数値を実現しています。また、OCXO 専用のトランス巻線は周囲の回路から完全に絶縁されているほか、複数の段に配置された低ノイズの電圧源はサブヘルツに最適化され、相互干渉を避けるために回路の各部分に独立して供給します。その結果、独自の超低ノイズのクロック分配回路と増幅回路となり、発振器のリファレンス信号をREF10 のそれぞれの出力に損失なく転送します。さらに、RF 干渉や他の干渉からREF10 を遮蔽するため、回路基板を1.5mm 厚のスチール製エンクロージャ内に配置し、敏感な電子機器を外部の電気外乱から隔離しています。主電源接続を介して回路に侵入するRF 干渉にも対策が施され、現在入手可能な最高レベルのパワー・モジュールをREF10 に装備しています。このモジュールは、低周波フィルタリングの強化と優れたEMI 耐性を提供。さらに、グラウンドループに起因するハムの影響を最小限にするために、電気的に絶縁された出力段でREF10 を設計しています。

■超高スルーレートの矩形波信号を生成
出力信号の再現性を悪化させる原因としてスルーレートの性能が挙げられます。REF10 は、クロック信号の立ち上がり時間(エッジの急峻さ)を重要視しており、非常に高いスルーレートで最小幅のリップル矩形波信号を採用しています。入力信号が高速な場合でも高いスルーレートで追従。優れたロック精度をもたらし、受信側でのジッターを最小限に抑え、優れた明瞭度を実現しています。

■ 50 Ωと75 Ωの同時リファレンス出力が可能なBNC クロック出力は8 系統。
REF10 は、高い柔軟性と互換性を備えています。BNC クロック出力を8 系統装備しており、そのうち2 つが50 Ω、残り6 つが75 Ωという異なるインピーダンス出力に対応しており、接続する機器に合わせた最適な数値で使用できます。もちろん、50/75 Ω の同時リファレンス出力も可能です。また、MUTEC のマスタークロック・ジェネレーター「MC-3+USB」と組み合わせて使用することで更なる高音質を実現できます。MC-3+USB に搭載されている独自技術の「1G クロックテクノロジー」との相乗効果により、これまで以上の正確性と低ジッター・低位相ノイズを実現できるため、システム全体の機能と音質をさらに高めます。DAC などデジタルオーディオの接続デバイスは、音の解像度が高まることで奥行き感のある優れたサウンドになり、奏者や歌い手の些細な動作までもがより鮮明に表現できるようになります。


■仕様
インターフェース:
・BNC × 2、アンバランス型、50 Ω 終端、バッファ出力
・BNC × 6、アンバランス型、75 Ω 終端、バッファ出力

全クロック出力の信号フォーマット
・矩形波、10MHz、2 Vpp、50:50 負荷サイクル

クロック生成:
・形式:10MHz 超低位相ノイズ恒温槽付水晶発振器(OCXO)
・周波数精度(出荷時):< ± 0.01 ppm
・温度範囲に対する周波数安定性:-20° C ~ +70° C で± 0.01 ppm 未満
・短時間安定性(アラン分散):1 × 10-12(標準値、Tau = 1s)
・10 日間稼働後のエージング:
± 0.0005 ppm 未満(1 日当たり)、± 0.05 ppm 未満(1 年目)、± 0.3 ppm 未満(10 年目)
・ウォームアップ時間(+25° C 時):5 分未満

電源:
・形式:デュアルリニア電源内蔵
・入力電圧:90 ~ 125 V / 200 ~ 240 V、50/60 Hz
・消費電力:12 W(オシレーター・ウォームアップ時)、8 W(通常動作時)

筐体:
・寸法:W196 × H84 × D300 mm(コネクターおよびフットを含まず)
・素材:1.5 mm スチール
・色:ブラック(粉体塗装)
・質量:4.35 kg

前面パネル:
・寸法:W198 × H88 × D8 mm
・素材:アルミ
・仕上げ:陽極酸化処理(陽極酸化またはシルクスクリーン印刷を含む)
・色:アルミニウムカラーまたはブラック


■フロントパネル
REF10_blackREF10 Black:黒
REF10_aluminiumREF10 Aluminum:アルミニウムカラー

■リアパネル
REF10_rear


製品の詳細に関しましては、ヒビノインターサウンド株式会社までお問い合わせください。

■お問い合わせ
お客様のお問い合わせ窓口   TEL: 03-5783-3880  FAX: 03-5783-3881
報道関係のお問い合わせ窓口  TEL: 03-5783-3882  FAX: 03-5783-3881