トップ  >   お知らせ  >   CODA AUDIO “ LINUS 14D ” 発売
CODA AUDIO “ LINUS 14D ” 発売

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

2017 年10月17 日

CODA AUDIO
 " LINUS 14D "

スピーカー・マネジメントシステムを搭載した
高性能4chパワーアンプ

ヒビノインターサウンド株式会社( 本社:東京都港区、代表取締役社長:榎本隆二) は、ドイツCODA AUDIO( コーダ・オーディオ) のパワーアンプ “LINUS( リナス) 14D” を2017 年11 月15 日より発売いたします。

LINUS 14D_front

製品名 仕様 出力 価格 発売日
LINUS 14D  4chパワーアンプ
(DSP、ネットワーク、コンパレーター内蔵)

4×3700W
@4Ω

オープンプライス 2017年11月15日

■ 高性能・高出力パワーアンプ
LINUS 14D は、2U のサイズにDSP、ネットワーク、SC サブウーファーシリーズ用のコンパレータ―回路を内蔵した4ch の高性能パワーアンプです。CODA AUDIO のスピーカーシステムのマネジメントを行い、高音質なサウンドをさらに向上させます。パワーアンプには最高のパフォーマンスを引き出すクラスD-IC を採用しており、3700W(4Ω ) もの大出力を実現。十分に余裕のあるヘッドルームを稼ぎ出します。システム全体の余裕が生まれたことにより、より正確なサウンドを提供できるようになり、ダイナミックさと透明さを向上しています。また、CODA AUDIO のスピーカー全種類のプリセットが組み込まれているため、スピーカーの性能を存分に発揮させます( ※ )。現場でのセッティングも簡易化し、大規模なシステムもシンプルかつ効率的に運用できます。また、LINUS 14D やコネクターパネルなどを収めた堅牢なツアリング用ラックも2 種類用意。LINUS 14D 単体での購入も可能なので、状況に応じたシステムを組むことができます。
( ※ )AiRAY の使用も可。ただし十分な出力が必要な場合、LINUS 10(LINUS RACK20T/40T) の使用をお勧めします。

DSP:LINUS CORE
「LINUS CORE( リナス・コア)」と銘打ったDSP には、高性能な96kHz/32bit の第二世代「SHARC」プロセッサーを使用しています。フローティングポイント演算によって生み出された膨大なプロセッシングパワーが、精緻な音声アルゴリズムの統合を可能にし、妥協のない音質を提供します。また、先進のシグナルプロセッシングのひとつであるフェーズリニアFIR フィルターを採用し、完全なリニアリティと優れたサウンドパフォーマンスをもたらします。ルックアヘッドと周波数分割リミッターも備えており、システムのヘッドルームを増幅させます。

ネットワーク:LiNET
「LiNET( リネット)」は、標準のCAT5e ケーブルでデジタル音声信号を伝送するネットワークシステムです。最大8ch(AES3:4 × 2ch) までのデジタル音声信号の送信が可能です。LINUS 14D 内部のシグナルルーティンは、リモートコントロールまたはフロントパネルのコントローラーで制御可能。LINUS RACK 20/40 との互換性もあります。

LiNET のほかにも、DANTE オーディオネットワークにも対応。DANTE に対応しているさまざまなデジタルオーディオ機器と接続できます。

コンパレータ―
コンパレータ―は、CODA AUDIO のサブウーファーとベースエFeedback Loop Control_SC2-Fクステンション“ SC シリーズ ”のすべてにフィードバック・ループ・コントロールを提供し、極めて再現性の高いサウンドを実現しています。コンパレータ―は、SC シリーズに内蔵されているベロシティ・センサーからリアルタイムで送られてくるボイスコイルの動きとオリジナル音源の信号を比較します。ドライバーの不正確な動きを検知すると、その情報をフィードバックしてアンプの電圧や電流を調整して修正。すぐにアンプを正確に制御してボイスコイルの動きをオリジナル音源に常に追従させるため、正確な音楽再生を実現します。LINUS 14Dの背面には、フィードバック・ループ・コントロール専用のNeutrikコネクター(5 ピン、XLR)を備えています。

■ LINUS LIVE
“LINUS LIVE”は、LiNET でつながる音響システムを1 台のPC でLINUS LIVE画像一括コントロールおよびモニタリングを可能にするソフトウエアです。Ethernet を基本としたグラフィカルなユーザーインターフェースで、複数台のアンプを使用する大規模なシステムをシンプルかつ効率的に運用でき、素早く柔軟性のあるシステム構成とチューニング、運用中のシステム管理が可能です。直感的でわかりやすいデザインと素早い動作は操作性も抜群で、現場での作業もスムーズに行えます。


■ LINUS T-RACK、LINUS M-RACK
LINUS 14D、コネクターパネルなどを19 インチラックに収めたLINUS T-Rack_M-Rackツアリング用システムラックを用意しています。3 台のLINUS 14D を収めた“LINUS T-RACK ”と1 台の“LINUS M-RACK”( いずれもオープンプライス)。LINUS T-RACK は、内部にショックマウントスチールサスペンションを組み込んでおり、移動中の衝撃から機器を保護します。また、LINUS RACK 20/40 との共同運用が可能で、専用ドリーや収納ケースなどアクセサリーも豊富なので、トランスポートやセッティングを効率的に行えます。


製品の詳細に関しましては、ヒビノインターサウンド株式会社までお問い合わせください。

■お問い合わせ
お客様のお問い合わせ窓口
TEL: 03-5783-3880 FAX: 03-5783-3881

報道関係のお問い合わせ窓口
TEL: 03-5783-3882 FAX: 03-5783-3881


■仕様 LINUS 14D
チャンネル  4in/4out入力(Analog、LiNET、DANTE)
音響性能 入力インピーダンス 12kΩ(バランス)
最大入力レベル +18dBu
周波数特性 ±0.2dB(20Hz~20kHz、4Ω)
THD+N、IMD (20Hz - 20kHz)  <0.005%、4Ω P/2※
ダンピングファクター >10.000 @ 1kHz / 8Ω
DSP  入出力 4in/4out
プロセッサー アナログデバイス SHARC DSP
サンプリングレート 96kHz/32bitフローティングポイント
プリセット 工場設定:110
ユーザー設定:20
コンパレータ―  チャンネル 4
パワーアンプ チャンネル 4
  ピーク出力
(クレストファクター6dB) 
8Ω:4×2700W
4Ω:4×3700W
2Ω:4×4000W
  RMS出力 8Ω:4×1800W
4Ω:4×3500W
2Ω:4×5200W
電源/エンクロージャー 電源 AC100V、50/60Hz
寸法(W×H×D)  483×88.9×453mm
質量 約14.8kg
※最大出力1/2(-3dB)

LINUS 14D_rear
LINUS 14D リアパネル