デジタルDJシステム

SL2

カスタマー登録

   


シンプルな端子構成で、容易なセッティングを実現するエントリーモデル


オープンプライス
SL2


SL2 は、ミニマムなデジタルDJ システムに必要な機能をコンパクトにまとめたインターフェースです。2台のターンテーブルまたはCD プレイヤーを接続できる2系統の入出力端子を備え、一般的な2ch DJ システムにマッチします。基本性能は定評あるSL1※2 をベースに大幅にグレードアップ。音質は24bit、44.1/48kHz に向上し、高速USB2.0 に対応しました。さらに、端子やスイッチの配置を改善し、ユーザーが直感的に理解しやすいよう配慮しています。
 

■シンプルな端子構成。

  • ・2台のターンテーブル(またはCDプレイヤー)を接続できます。

■24bit、44.1/48kHzの高音質。

  • ・高いデジタル処理性能で、高音質を実現。
  • ・高品位フォノプリアンプ内蔵。


■ノイズの干渉を最小限に抑制。

  • ・電気回路を分離し、音声経路へのコンピューターノイズの干渉を最小限に抑えています。


■ASIO/Core Audioドライバーに対応。

  • ・Serato DJソフトウェアを起動しない場合は、オーディオ・インターフェースとして使用できます。


■コンパクトなボディー。

■ハードウェアに適用される2年間保証に加え、ソフトウェアについてのカスタマーサポート(登録制)も用意しています。

SL2前面パネル SL2背面パネル  
SL2 SL2 


【セットアップ】


SL2セットアップ 

※クリックで拡大


【SL2インターフェース 仕様

インターフェース
高速USB2.0
USB 電力
300mA(最大)
USB 音声チャンネル
録音× 4、プレイバック× 4
コンバーター
24bit、44.1kHz/48.0kHz(ソフトウェアで設定)2
ダイナミックレンジ(D-A)
104.5dB(A ウェイト)
THD+N
0.007% @ 1kHz、20Hz ~ 20kHz
周波数レスポンス
- 0.5dB@20Hz、- 1.22dB@20kHz
フォノ/ ライン切り替え
スイッチ式
ライン入力
RCA、アンバランス
最大入出力
3Vrms@1kHz
フォノ入力
RCA、アンバランス、70mV rms@1kHz
ユニットサイズ、質量
W141 × D125 × H33mm、0.5kg
セット内容 SL2本体、コントロールレコード×2、コントロールCD×2、ステレオRCAケーブル×4、USBケーブル、ソフトウェアインストールCD


【Serato DJ システム最小条件
※最新のソフトウェアはこちらからダウンロードできます。 ※外部サイトへ移動します。

Serato DJ v1.7.3
  Windows Mac
OS Windows 7/8/8.1 Mac OS X 10.7/10.8/10.9/10.10(*1)
CPU

【i3, i5 or i7*】32 & 64 bit:1.07GHz+ 
【Core 2 Duo】32 bit:2.0 GHz+、64 bit:2.4 GHz+

RAM 32bit:2GB、64 bit:4GB
画面解像度 1280×720
USB USB2.0規格のポート
音楽データ―を保存可能なハードディスク領域(回転速度200RPM以上推奨)

(※1)OSは常に最新アップデートをご利用ください。
※AMD製のCPUには対応していません。
※上記は最小条件です。高度なDJプレイを追求する場合やプラグインソフトを使用する場合は、より高性能なコンピューターを使用する事をおすすめします。




【オプション】

Serato DJ/Scratch Live用コントロールレコード






Serato DJ/Scratch Live用コントロールCD


このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。