UHF-R Wireless 

ラインアップ

製品イメージ



    ■ 新周波数帯域にいち早く対応
    ● UHF-R Wirelessは、特定ラジオマイクの新周波数帯域にいち早く対応。470~714MHzの帯域に対応する5モデルを用意しています。

    UHF-R Wireless

    ● 音声レベル圧縮技術「ARC」
    ARC(Audio Reference Companding)は音質を劣化させずに音声信号の送受信を行うことができる、特許取得の音声レベル圧縮技術です。ワイヤレスシステムは、送信機から受信機へ音声信号を送信する際、より広いダイナミックレンジを確保するために音声信号を圧縮する必要があります。しかし一般的なシステムは、ダイナミックレンジ全域を一定の比率で圧縮するために、音質の劣化を避けることができません。一方ARC搭載のワイヤレスシステムは、音声レベルに応じて圧縮比率を変えるため、圧縮による影響を受けやすい、レベルの小さい信号は圧縮せずに送信を行います。不要な圧縮を行わないことで送受信による音質の劣化を防ぎ、原音に忠実な明瞭感のあるサウンドを実現しました。以下のインパルスレスポンス表は、ARCを採用しているワイヤレスシステムが、ワイヤード・マイクロホンに近い明瞭な音質を獲得していることをはっきりと示しています。



     ● 専用ソフトウェア「Wireless Workbench6

    Wireless Workbench 6
    UHF-R Wirelessの受信機用に、Windows OS、Mac OSに対応した専用ソフトウェア「Wireless Workbench6」を無償で提供しています。「Wireless Workbench6」を使えば、電波状況の監視や受信機の遠隔操作が可能。使用中の電波と外来電波の判別やドロップ・ポイントの特定ができるため、常に安定した運用を実現します。複数の受信機をネットワークで接続した大規模なシステムでも、一台のPCから各種パラメーターのモニタリングや設定の変更が一括で行え、シンプルかつ効率的に運用できます。

    ※送信機に関しては、各種パラメーターのモニタリングは可能ですが設定の変更はできません。



    ラインアップ

    ■受信機

    UR4D+

    ■ポータブル受信機

    UR5

    ■ハンドヘルド型送信機

    UR2

    ■ボディーパック型送信機

    UR1、UR1M

    ■プラグオン送信機

    UR3

    Copyright(c)Hibino Intersound Corporation.All rights reserved.