CALREC

カルレックについて

HOME  >   CALREC  >   ネットワーク関連機器  >   RP1
RP1

RP1 リモート・プロダクション 32chミキサー
オープンプライス

地域のニュース、スポーツ、音楽祭など幅広いライブイベントのミキシングを
数百から数千キロ離れた遠隔地で可能にします。

RP1


CALREC は、効果的なリモート・プロダクションを行うため「RP1」を開発。

圧倒的な処理能力を誇り、上位ミキシングコンソールにも搭載されている“Bluefin2”DSP をコンパクトな2U の筐体に搭載し、レイテンシーとコントロール、インフラの障壁を克服しています。

すべてのDSP とバス構成は、web ベースの設定ツール「Assist」で簡単に行えるうえ、特許取得済みの「True Control Technology」により、ミキシングコンソールのあるスタジオからRP1 のチャンネルやバスを操作することが可能。もちろん、リダンダントにも対応しています。

Remote Production
  • 中継先でローカルモニターミックスを行うミキサー。webベースのアプリケーション「Assist」で設定およびコントロール。

  • ローカルDSPを提供し、レイテンシーのないモニターミックスとIFBが可能。

  • モノラル、ステレオ、5.1chのミックスが可能な32chミキサー。すべてのチャンネルは、ローカルモニターミックスの作成に使用できる12のAUXバスのいずれかにルーティング可能。

  • リモートスタジオのAPOLLOまたはARTEMISより5つのRP1のコントロールが可能。マイクゲイン・AUXセンド/モニターミックスレベル・フェーダーレベルなどのチャンネル機能を直接コントロール。

  • 上位ミキシングコンソールにも搭載された“Bluefin2”DSPを搭載。圧倒的な処理能力を発揮。

  • 内蔵された768×768マトリクスルーターにより柔軟なルーティングが可能。

  • リダンダントPSUを内蔵。

  • 3つの拡張スロットに、必要に応じたI/Oカードを選択。アナログ、AESのほか、SDIやAES67をベースにしたAoIPソリューションズへの接続も可能。
    ※カードの詳細はHydra2>Modular I/O BOXタグ 参照。

Assist for RP1

webベースの設定ツール。
Mac、Windows、Linux デバイス上のwebブラウザで動作するアプリケーション。

Assist for RP1

  • RP1には1-36Aおよび1-36Bとして72の仮想フェーダーが配置されており、Assistでこの仮想フェーダーに入力と出力を割り当て、リモートコントロールを可能にします。 IPを介してホストコンソールに接続すると、入力と出力はホストコンソールのリモートフェーダーからも制御可能。

  • チャンネルとバスへのI/Oユニットのパッチ、ルーティング、メモリのセーブとロードなど、入力設定以外の機能にもアクセスして制御可能。

  • 中継先でDSPとバスの設定を管理することが可能。現場におけるすべてのIFBルーティングとモニターのミックスレベルを現場でセットアップ可能。

  • 現場とスタジオ双方からのコントロールが好ましくない場合のために、スタジオが変更防止する「Block」スイッチと現場がスタジオからの変更を防止する「Independent」スイッチを用意。

チャンネル数32
AUXバス12(ステレオの場合、最大6)
ダイレクト出力 (v1.1以降)1×チャンネル毎(モノラル、ステレオ、5.1ch)
EQ(v1.1以降)4バンドフルパラメトリック
ダイナミクス(v1.1以降)エキスパンダー、ゲート、コンプレッサー/リミッター、サイドチェインEQ/ゲインリダクション
寸法 W442 x H87 x D365(突起部含まず)
質量 7.5kg
消費電力(発熱量) 78.4W


フロントパネル
RP1_front

リアパネル
RP1_rear