CALREC

カルレックについて

HOME  >   CALREC  >   ネットワーク関連機器  >   Remote Production
Remote Production

RP1 32chミキサー
オープンプライス

リモート・プロダクションの実現により、地域のニュース、スポーツ、音楽祭など
幅広いライブイベントのミキシングを数百から数千キロ離れた遠隔地で可能にします。

RP1


CALREC は、効果的なリモート・プロダクションを行うため「RP1」を開発。

圧倒的な処理能力を誇り、上位ミキシングコンソールにも搭載されている“Bluefin2”DSP をコンパクトな2U の筐体に搭載し、レイテンシーとコントロール、インフラの障壁を克服しています。

すべてのDSP とバス構成は、web ベースの設定ツール「Assist」で簡単に行えるうえ、特許取得済みの「True Control Technology」により、ミキシングコンソールのあるスタジオからRP1 のチャンネルやバスを操作することが可能。もちろん、リダンダントにも対応しています。

Remote Production_Application
  • リモート・プロダクションにおける現場でのオーディオルーティングを一括管理。
  • 上位ミキシングコンソールにも搭載された“Bluefin2”DSPを搭載。圧倒的な処理能力を発揮。
  • ローカルDSP を提供し、レイテンシーのないモニターミックスとIFB が可能。
  • リモートスタジオのオペレーターは、マイクゲイン・AUXセンド/ モニターミックスレベル・フェーダーレベルなどのチャンネル機能を直接コントロール可能。
  • 既存のビデオ転送技術に音声を埋め込み可能。アナログ、AES、MADI、SDI、AES67、Ravenna、Dante、SAMPTE2022 などのIP ソリューションを介して接続。
  • モノラル、ステレオ、5.1ch のミックスが可能な32ch ミキサー。すべてのチャンネルは、ローカルモニターミックスの作成に使用できる12 のAUX バスのいずれかにルーティング可能。
  • 内蔵された768 × 768 マトリクスルーターにより柔軟なルーティングが可能。ユニットの背面にあるHydra2 接続を使用すれば、最大704 もの出力が可能。
  • リダンダントPSU を内蔵。


リダンダント
  • RP1 をリダンダントペアとして構成することで、ネットワーク接続をオンエア中に起こりうる障害から保護。
  • 現場で完全にリダンダント化されたルーターコアをインストールすると、すべてのI/O とRP1 を2 台接続。両方のRP1 から2 つの信号をスタジオコンソールへ送信。
  • 明確化のために、プライマリーRP1 ソースを入力1に、セカンダリーRP1 ソースを入 力2に入れて、A&B フェーダーへルーティング可能。
  • CALREC のReplay 機能により、オペレーターはチャンネルの選択を反転可能。セカンダリーRP1 への切り替えは手動。
  • RP1 にリダンダント電源を搭載。
  • I/O ボックスのFieldBOX やハブの H2HUB は、AC 電源とDC 電源に対応しており、必要に応じて電源のリダンダントとしても使用可能。
True Control System 
  • 遠く離れたコントロールルームからRP1 を簡単に制御。スタジオコンソール上のローカル送信ミックスに加えて、すべてのリモート側のIFB とAUX バスを独立してミックス可能。
  • チャンネルパスフェーダーレベルとカット、AUX センドレベルとON、マスターレベルとカットが可能。(今後、スタジオコンソールからVGA リンク、CALREC Assisit によるEQ、ダイナミクス、ダイレクトアウトのコントロールが可能になる予定)
  • 5 つのRP1 ユニットをスタジオコンソールにリンク可能。リンク先のスタジオコンソールのサーフェスから、5 つのRP1 のコントロールが可能。
  • トランスポートレイヤーはUDP とTCP で、ネットワークレイヤーはIPv4。レイテンシーはデーターの移動距離によって異なるが、コントロールデーターは標準のQoS(Quality of Service) 設定以上のものは不要。
Assist
  • web ベースの設定ツール。遠隔地でDSP とバスの設定を管理することが可能。現場におけるすべてのIFB ルーティングとモニターのミックスレベルを現場でセットアップ可能。
  • RP1 のマイクゲインやファンタム電源などの入力設定が可能。また、スタジオコンソールのインプットとフェーダーレベルの 設定も可能。スタジオコンソールへの変更をAssist で設定すれば、スタジオコンソール上で確認可能。チャンネルとバスへのI/O ユニットのパッチ、ルーティング、メモリのセーブとロードなど、入力設定以外の機能にもアクセスして制御可能。
  • 現場とスタジオ双方からのコントロールが好ましくない場合のために、スタジオが変更防止する「Block」スイッチと現場がスタジオからの変更を防止する「Independent」スイッチを用意。
  • Assist は200kbps を必要とし、最大1 秒程度のレイテンシーで管理可能。

最大プロセッシング 32系統(モノラル、ステレオ、5.1ch)
AUXバス12(モノラル、ステレオ)
ダイレクト出力 1×チャンネル毎(モノラル、ステレオ、5.1ch)
EQフィルター4バンドパラメトリック
ダイナミクスエキスパンダー、ゲート、コンプレッサー、リミッター、サイドチェーンEQ、ゲインリダクション
寸法 W442 x H87 x D365(突起部含まず)
質量 7.5kg


フロントパネル
RP1_front

リアパネル
RP1_rear

このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。