HOME >  DIS  >  DCS 6000 デジタル・カンファレンス・システム  >  DCS 6000 デジタル・カンファレンス・システム
DCS 6000 デジタル・カンファレンス・システム
DCS 6000 Digital Conference System


■豊富な製品ラインナップによる柔軟なシステム構成

DCS 6000シリーズは、豊富なラインナップとソフトウェアによる機能拡張性能により、様々な要求に対応できる会議システムです。DIS独自のネットワークシステム「DCS-LAN」の採用により、高品位なオーディオ伝送が可能です。
  • 独自のDCS-LAN根とワークで機器を接続。各機器をCAT-5e/CAT-6ケーブルで自由に配線可能。スター型にもデイジーチェーン型にも対応します。
  • 基本システムから、用途に応じてライセンス購入を行うことでシステム規模や機能を拡張可能。
  • すべての機器は形状、素材、仕上げ、カラーなど、部屋のデザインや用途に応じたカスタマイズが可能。

ケーブル長
・最大200m ※1チェーンでリピーターなし
・最大650m ※1チェーンでリピーターあり
・最大2000m ※光ケーブル、光変換機を使用した場合(オーディオ、データ伝送のみ、電力供給なし)

※運用可能なケーブル長は、接続する機器の数やタイプにより異なります。


DCS 6000システム構成例
■会議システムに最適な3つの操作モードを搭載

  • オートモード
議長および参加者はユニットの「Speak」スイッチをタッチすることでマイクの有効/無効を決定。
  • マニュアルモード
発言したい参加者が「Speak」スイッチを押すことで、リクエストリストに追加(再度スイッチを押すことでキャンセル)され、議長側のブラウザー・インターフェースまたはAMXなどのコントロールシステムでリクエストリスト内の発言者を管理。
  • FIFO(First In First Out)モード
規定した最大同時オープンマイクロホン数以下の場合はオートモードと同様の動作。最大オープンマイクロホン数に達すると「Speak」スイッチを押した発言希望者がリクエストリストに入り、発言待機状態になる。

  • VOXモード
⇒マイクに発言すると自動的にマイクがONになり、発言が終わるとOFFになる。
※ライセンス購入により追加可能。
■基本システムと最大駆動システム対比

用途に応じてライセンス購入を行うことで、システム規模や機能を拡張可能。

  基本システム 最大駆動能力
最大ユニット数 250ユニット 3800ユニット
VOX機能 3800ユニット
投票機能 3800ユニット
同時オープンマイクロホン数 8系統 8系統
(追加可能ライセンスなし)
通訳チャンネル数 4系統 31系統


■拡張ライセンス

  最大拡張/追加数 ライセンス名 価格
会議ユニット数 3800ユニット FL6000-3800 オープンプライス
通訳チャンネル数 8チャンネル FL6000-INT-8オープンプライス
16チャンネル FL6000-INT-16 オープンプライス
31チャンネル FL6000-INT-31 オープンプライス

このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。