HOME >  DIS  >  DCS 6000 デジタル・カンファレンス・システム  >  制御機器  >  SW 6000
SW 6000
ソフトウェア

SW 6000 



DCS 6000シリーズのフレキシビリティーを統括する
基本ソフトウェアパッケージ

SW 6000 


SW 6000 メイン画面■ 運用するシステムに合わせ機能やモジュールを追加することで、利便性の高い会議システムを構築。
■ 直感性が高く、優れた操作性のインターフェース。
■ 多言語、日本語にも完全対応。
■ SW 6000はCUA、CAA、CUIの3つのアプリケーションで構成されるほか、バックアップツール、データベースサーバーを内蔵。
  • CUA:Conferene User Application【議長アプリケーション】
SW 6000会議の参加者、通訳者などが使用するアプリケーション。マイクコントロールなどをリアルタイムで制御します。
  • CAA:Conference Administration Application【議長アプリケーション】
オフラインで運用するソフトウェア。議長またはプランナーがアジェンダ、会議ルールやマイクの編集など、参加者情報の修正や、パラメーター、システム設定の変更を行う。
  • CUI:CU Interface:セントラルユニット・インターフェース
セントラルユニットの制御、情報伝達を行うソフトウェア


■対応オペレーションシステム
  • Windows Vista
  • Windows 7(32/64 bit)
  • Windows Server 2003 SP2以降
  • Windows Server 2008(32/64 bit)
  • Windows Server 2008 R2
■データベースエンジン
  • Microsoft SQL Server 2005 Express(Vista/7)=Microsoftから無償ダウンロード可能。
  • Microsoft SQL Server 2008 Express(Vista/7)=Microsoftから無償ダウンロード可能。
  • Microsoft SQL Server 2005(32-bit) EnterpriseもしくはStandard Edition(Windows Server 2003/2008)=ライセンス制。
  • Microsoft SQL Server 2008(32-bit) EnterpriseもしくはStandard Edition(Windows Server 2003/2008)=ライセンス制。
■追加ソフトウェア ※価格はオープンプライスです。

SW 6090 CDA(Conference Display Application)
プロジェクター等の画面表示を管理するアプリケーション。会議の投票結果、アジェンダ、グラフなどの表示方法を設定します。
SW 6232  ECA(External Control Application)。外部コントロールアプリケーション。AMXやCrestronなどの外部機器から制御する場合に使用します。 
SW 6010  マイクコントロール・ソフトウェア 
SW 6012 アジェンダ設定ソフトウェア 
SW 6050  多言語画面用ソフトウェア 
SW 6018  ルームレイアウト画面用ソフトウェア 
SW 6060  投票制御ソフトウェア 
SW 6070  チップカード登録ソフトウェア 


※その他、運用システムに応じた様々なオプションを用意しています。

このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。