About Sonifex

HOME >  Sonifex  >  放送用周辺機器  >  RB-DS2 ステレオディレイユニット
RB-DS2 ステレオディレイユニット
RB-DS2/ステレオディレイユニット
RB-DS2/ステレオディレイユニット
RB-DS2/ステレオディレイユニット
RB-DS2/ステレオディレイユニット SONIFEXのRB-DS2は、細かい遅延調整が必要な場面でも対応可能なディレイユニットです。
遅延時間の設定はsamples, fields, frames, metres, msecの5パターンから選ぶことができます。
最小値は208μsecとなっており、1sample(10.4μs)単位での設定から可能です。
FM放送の同期放送で多数使用されています。
最大96kHz、24ビットのデジタルオーディオ信号に対応しているため音質も良く、とても使い勝手の良い製品です。

特長

RB-DS2はXLRバランスアナログとAES / EBUデジタルオーディオ入出力を両方を持っています。これはA / DとD / Aを組み合わせたユニットとして動作し、アナログ入力を遅延させてAES / EBUとして出力することができます。これはステレオディレイですが、各オーディオパスを別々に処理するためのデュアルモノラルディレイ、またはモノラルディレイとして使用することもできます。

仕様

A / D仕様
最大入力レベル + 28dBu
入力インピーダンス: >10kΩブリッジ
アナログ&デジタル入力レベル:12dBu、+ 18dBu、+ 24dBu
ノイズレベル: -101dBFS
ダイナミックレンジ: > 110dB
歪率:>96dB THD + N
D / A仕様
最大出力レベル: + 24dBu
出力インピーダンス: <50Ω
ダイナミックレンジ: > 100dB
アナログ出力ゲイン範囲: -6dBu ~ +24dBu
サンプリング周波数: 32kHz、44.1kHz、48kHz、64kHz、88.2kHz、96kHz
サンプル幅: 16ビットまたは24ビット
チャンネル: ステレオまたはデュアルモノ
フォーマット: PAL、NTSC
遅延単位: サンプル、フィールド、フレーム、ミリ秒、hh:mm:ss、(CF Cardで拡張可能)
最大遅延 96.5Hz、24bit、ステレオモードで10.5秒(CF Cardでの拡張を除く)
背面パネル
アナログ入力: 2×XLR 3ピンメス(バランス)
アナログ出力: 2×XLR 3ピンオス(バランス)
デジタル入力: 1×AES / EBU XLR 3ピンメス
デジタル出力: 1×AES / EBU XLR 3ピンオス
リモートI / Oポート :D-sub15、8 GPI入力、4 GPI出力
シリアル通信ポート:D-sub9
メモリ拡張: Compact Flash™ストレージカード(最大2GB)
※PIO Type 4以上より対応
電源入力: 85〜264 VAC
消費電力:最大30W
ヒューズ:2A 20 x 5 mm
前面パネル
表示: FLディスプレイ
システムナビゲーション: 一体型プッシュスイッチ付きロータリーセレクター
オーディオバイパス: シリコンボタン
サイズ・重量
寸法: 48 cm(W)x 15.8 cm(D )x 4.2 cm(H)(1U)
重量 :1.6kg

関連製品・オプション

APT IP CODEC / IPコーデック・ひかり電話コーデック


 
【販売終了】APT IP ISDN CODEC(Equinox)/ISDN対応音声コーデック

【販売終了】APT IP/ISDN CODEC(Equinox)/ISDN対応音声コーデック


 
APT AoIP MPXoIP MULTI-CHANNEL CODEC マルチチャンネル音声コーデック

APT AoIP/MPXoIP MULTI-CHANNEL CODEC/マルチチャンネル音声コーデック


 

抜け防止ACロックケーブル


 
RB-SD1IP 無音検知器

RB-SD1IP / 無音検知器