HOME >  tvONE >  ビデオウォール・プロセッサー >  CORIOgrapher v2 
CORIOgrapher v2 
CORIOmasterシリーズ専用ビデオウォール・デザイン・ソフトウェア

CORIOgrapherv2

CORIOgrapherは、CORIOmasterシリーズ専用のビデオウォール・デザイン・ソフトウェアです。ウインドウのサイズや位置、回転などを個別に設定することができます。また複数のプロジェクターやディスプレイを混在させてひとつのビデオウォールに表示することもできます。

CORIOgrapher v2はtvONEのサイトから無料でダウンロードできます。
CORIOgrapher v2のダウンロードリクエストページにあるフォームに必要事項を記入して送信すると、ダウンロードURLが記載されたメールが届きます。

★CORIOgrapher v2ダウンロードリクエストページはこちら⇒ 
※tvONEのサイトへ移動します。
※必要事項を記入して送信すると、CORIOgrapher V2のダウンロードURLが記載されたメールが届きます。


■自然な画質、そして4K対応

CORIOgrapher v2は、ソースのクオリティとシャープネスを再現する4K解像度に対応しています。CORIOmasterシステムでは、HDMI 4K30/60入力モジュール(CM-HDMI-4K-2IN)とHDMI 4K30スケーリング出力モジュールを用意しています。いずれのモジュールも最大解像度3840×2160に対応し、HDMI & HDCP互換です。


上記の例では、一般的な720pディスプレイで構成したビデオウォールに4Kのソース映像を表示しています。ディスプレイエリアのピクセルはソースのピクセルにマッチしています。

■オフラインでも、パーフェクトに

CORIOgrapher v2ソフトウェアはCORIOmasterシリーズ本体を接続しなくても、PCを使用してビデオウォールのレイアウトデザインを作成することができます。一度レイアウトを設定すると、設定した構成はCORIOmaster本体にアップロードされ、PCなしでいつでも設定を呼び出すことができます。

CORIOgrapherv2 

■ネットワークでの使用に最適

CORIOgrapher v2ソフトウェアがインストールされたPCを、CORIOmaster製品を含むネットワークに接続すると、自動的に製品を検出しリストアップします。また、複数のネットワーク上に存在するCORIOmax機器をいつでも検出することができます。

CORIOgrapher v2 

LANを利用して、ネットワーク上にある全てのCORIOmasterシステムのファームウェアをアップデートします。CORIOmasterのDHCP性能により極めてシンプルに実行できます。

■わかりやすい機能

CORIOgrapher v2は極めて優れたデザイン・ソフトウェアです。全ての操作や機能は直感的に理解できるため、新しいビデオウォールを短時間で構築することができます。


レイヤー設定や配置、整列などの編集ツールを使用して、レイヤーベースのビデオウォールを構築することができます。

■サイズの変更と保存

CORIOgrapher v2ソフトウェアでは、使用するディスプレイの寸法をmmまたはinch単位でそのまま設定できます。ベゼルの厚みやディスプレイ間のスペースを調整できるため、複数のプロジェクターとディスプレイを混在させることも容易です。ディスプレイの設定はライブラリーで保存可能です。


ミリメートル単位で設定できます。

■ピクセルモード

最近のLEDディスプレイは、サイズやピクセル数、解像度が様々です。CORIOgrapher v2のピクセルモードを使用すると、ソースコンテンツをLEDディスプレイへそのまま表示することができます。



■一瞬でリセット、プリセット

CORIOgrapher v2のリアルタイム・ダッシュボードでは、保存したプリセットの呼び出しや現在のルーティング状況の確認ができます。フルスクリーンまたはマルチウインドウのビデオウォール・レイアウトも容易に作成できます。最大50のプリセットを保存でき、いつでもどこでも呼び出すことができます。