HOME  >   TUBE-TECH  >   コンプレッサー/リミッタ  >   CL1B
CL1B
コンプレッサー

CL1B  円(本体円 )

 CL1B

特長

CL1Bは、Lydkraft社TUBE-TECH製品の中でも名実共に定番の“The Compressor”です。多くのエンジニアから「ハイファイで温かみがあり、自然なサウンドが得られる」と評価されています。 各種楽器やボーカルのレコーディングにはもちろん、MA作業でのナレーション録りにも最適です。また、各コントロール部分の調整範囲が広く設定してあるた め、より積極的な音作りに利用できる柔軟性も兼ね備えています。

ゲインリダクション回路はインプットトランスのす ぐ後に位置しており、サイドチェインアンプでコントロールされた2つのタイムコントロール回路(アタックとリリース)が含まれています。 2つのタイムコントロール(アタックとリリース)回路は、セパレート(Manual or Fix)もしくはコンビネーション(Manual/Fix)として使用できます。この回路の全体的な制御は、セミコンダクターオペアンプで行なっていま す。またレシオのツマミは、連続可変がスムーズなノンクリックタイプを採用しています。これにより、規定値の圧縮比率に束縛されない自由なセッティングを することができ、楽器やボーカルに合った微調整が可能となります。

出力段には真空管式のプッシュ-プルアンプを採 用しており、-∞~+30dBmまでゲインを可変できます。フロントパネルには、3ポジション(Off, Bus1, Bus2)の切り替えができる「Bus-selector」スイッチがあり、複数台のCL1Bをリンク(最高10台まで)する時に使用します。インプット とアウトプットは静電シールドつきトランスを使用し、完全バランス、フローティング仕様となっています。

  • 動作歪の少ない、オプティカル素子を使用したゲインリダクション回路
  • 真空管式プッシュ-プルアンプ搭載
  • 連続可変がスムーズなアタックとリリースつまみ(MANUAL, FIX/MANUAL, FIX選択可能)
  • ゲインレンジ: -∞~+30dBm
  • レシオ: 2:1~10:1
  • スレッショルド: +20dB~-40dB
  • 周波数特性: 5Hz~25kHz(-3dB)
  • クリックノイズを発生しないCompのIn/Out Key搭載
  • 低ノイズ: -75dBu以下
  • Imput Compression + Output表示切替が可能なVUメーター

CL1Bリア  

関連動画

 

このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。