トップ  >   お知らせ  >   TUBE-TECH “RM2”を発売
TUBE-TECH “RM2”を発売
2010年4月13日
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
TUBE-TECH “RM2”
定評あるTUBE-TECH の真空管式モジュラー・システムに、
コンパクトなテーブルトップ・フレーム登場

ヒビノインターサウンド株式会社( 本社:東京都港区、代表取締役社長:細谷隆英)は、デンマークの音響機器メーカーTUBE-TECH の真空管式モジュラー・システム用テーブルトップ・フレーム“RM2”を2010 年4 月13日より発売いたします。RM2 は、真空管式モジュールを2 枚装着する、コンパクトなテーブルトップ・フレームです。真空管式モジュールは、プリアンプ/ コンプレッサー/ イコライザーの3 種類を用意。モジュールは自由に組み合わせられ、チャンネル・ストリップやステレオ・エフェクターとして使用することもできます。

RM2

 

 

 

 

型番 RM2
ジャンル モジュラー・システム用テーブルトップ・フレーム
標準価格 168,000円(本体160,000円)
※ブラインドモジュールが1枚付属しています。

 

RM2 は、磨き上げられた音響性能で定評を得ているRM8 モジュラー・システムの新しいテーブルトップ・フレームです。従来のRM8 テーブルトップ・フレームに比べ、幅は約1/4、重量は半分以下のコンパクトサイズ。真空管式モジュールを2 枚装着することができます。真空管式モジュールは、RM8 と共通でプリアンプ/ コンプレッサー/ イコライザーの3 種類を用意。用途に合わせて自由に組み合わせることができます。プリアンプとコンプレッサーまたはイコライザーの組み合わせで「チャンネ
ル・ストリップ」として、また同じモジュールを2 枚装着して「ステレオ・エフェクター」として使用することもできます。

RM2 には真空管式モジュールを最適な状態で駆動させるために必要な電源(+270V、+48V、+15V、-15V、+12 v )を標準で搭載しています。背面には各モジュールのXLR 入出力端子を装備。フレームには、耐久性に優れた電気メッキ鋼板を採用しています。電源は取り回しに便利な本体内蔵タイプです。また、使用しないスロットを塞ぐためのブランクモジュール1 枚を標準で付属しています。

製品の詳細に関しましては、ヒビノインターサウンド株式会社までお問合せ下さい。

■お問合せ

お客様のお問い合わせ窓口 TEL: 03-5783-3880 FAX: 03-5783-3881
報道関係のお問い合わせ窓口 TEL: 03-5783-3885 FAX: 03-5783-3881

■仕様
入力端子.................... XLR3 ピン、メス× 2
出力端子.................... XLR3 ピン、オス× 2
電源............................ AC115/230V、50/60Hz、4 ~ 45W
寸法・質量................ H185 × W105 × D375mm、3.5kg

■ RM2 用真空管式モジュール( 別売)
CM1A........................ 真空管式コンプレッサーモジュール、標準価格246,750 円( 本体235,0000 円)
EM1A........................ 真空管式イコライザーモジュール、標準価格246,750 円( 本体235,0000 円)
PM1A........................ 真空管式プリアンプモジュール、標準価格246,750 円( 本体235,0000 円)

■ RM2 背面画像
RM2背面画像