トップ  >   お知らせ  >   Shure "PSM1000”新周波数帯域対応モデル登場
Shure "PSM1000”新周波数帯域対応モデル登場
2014年4月3日
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
Shure“PSM1000”

Shureのインイヤーモニター・システム“PSM1000”に
特定ラジオマイクの新周波数帯域対応モデルが登場!
PSM1000

ヒビノインターサウンド株式会社( 本社:東京都港区、代表取締役社長:榎本隆二) はShure(シュア) のインイヤーモニター・システム“PSM1000”の新周波数帯域対応モデルを2014年4月10日より発売いたします。PSM1000は2011年から販売を開始しているShureインイヤーモニター・システムのフラグシップモデルです。極めて高品位な音質で世界中のコンサート、劇場で高い評価を獲得。プロの現場で幅広く採用されているワイヤレスシステム「AXT」「UHF-R」と高い親和性を持ち、組み合わせることで安全かつ効率のよいチャンネルプランを構築できます。

そのPSM1000がこの度、新周波数対応モデルとして発売することとなりました。高い評価をいただいていた音響性能はそのままに、広範な周波数帯域をカバー。2019年3月末の運用周波数帯域の完全移行以後も安心してお使いいただける広範な対応周波数帯域を獲得しています。

■ワイヤレス帯域の再編(ホワイトスペースについて)

地上デジタル放送への移行や、携帯電話の運用周波数の拡充に伴い、従来ワイヤレス・マイクロホン用として利用可能であった周波数帯の中で、A帯:770~806MHzの帯域が移動することとなりました。

ホワイトスペースについて

この周波数帯域の再編後、A帯ワイヤレス周波数帯域は470~ 710MHz、710~714MHz、1.2GHz帯の3つの周波数帯域に移行し、その中の470~710MHzの周波数帯域は地上デジタル放送と共用されます。この帯域の中で、地上デジタル放送のチャンネルやその他の用途で使用されていない帯域(「ホワイトスペース」と呼ばれます)は従来のA帯と同じく運用連絡と調整を行うことで利用可能です。しかし地上デジタル放送のチャンネルの割り当ては場所によって異なり、テレビ局によっては放送形態も異なるため、同じ地域でも場所によってホワイトスペースが異なる可能性があります。そのため、今後は運用場所ごとに利用可能な周波数帯域を個別に把握する必要があります。

■PSM1000の新周波数帯域対応

新周波数帯域に対応したPSM1000の送受信機は帯域ごとに4モデルに分かれています。運用を行う地域の利用可能な周波数帯域に適した送受信機をお選びください。

新周波数帯域

■製品ラインナップ

※運用する周波数に応じてモデル名末尾の「-XX」が下図の通りに変化します。

帯域幅 特定ラジオマイク使用周波数帯域:470~714MHz
対応周波数 470-542MHz 554-626MHz 626-698MHz 670-714MHz
モデル名末尾(-XX) -G10J -J8J -L8J -L11J

製品名 概要 価格
P10T-XX デュアルチャンネル送信機 626,400円(本体価格580,000円)
P10R-XX ボディーパック型送信機 194,400円(本体価格180,000円)

 ※特定ラジオマイクの運用には免許が必要です。

製品の詳細に関しましてはヒビノインターサウンド株式会社までお問い合わせください。

■お問い合わせ

お客様のお問い合わせ窓口: TEL: 03-5783-3880 FAX: 03-5783-3881
報道関係のお問い合わせ窓口: TEL: 03-5783-3885 FAX: 03-5783-3881