トップ  >   お知らせ  >   Inter BEE 2016に出展します
Inter BEE 2016に出展します
個々に掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の情報と異なる場合があります。
2016年10月7日

Inter BEE 2016(国際放送機器展)に出展します


ヒビノグループは、11月16日(水)より幕張メッセにて開催される「2016年国際放送機器展(Inter BEE 2016)」に、「プロオーディオ部門」2箇所と「映像・放送関連機材部門」1箇所へ出展いたします。本展示会ではグループの総力を結集し、「音響」「映像」の各分野より最新かつ高性能な機材を取り揃え、皆様のご好評をいただけるものと存じております。

ご多用中とは存じますが、是非ご来場くださいますようお願い申し上げます。

■出展内容

●プロオーディオ部門①【ホール2 小間番号2208】

ヒビノインターサウンド株式会社 CALRECCAMCOCODA AUDIODiGiCoDK-TechnologiesDPA MicrophonesGefenHIBINOMUTECtvONE

ShureおよびDIS製品に関しましては連携出展を行っているシュア・ジャパン・リミテッドのブースにてご覧いただけます。
ヒビノ株式会社
ヒビノプロオーディオセールス Div.
AKGAMCRONBSS AUDIOdbxJBL PROFESSIONALLexicon PROSoundcraft

●プロオーディオ部門②【ホール2 小間番号2415】

株式会社エレクトリAlcorn McBride、ATC、Bricasti Design、PEAVEY、Peluso microphone lab.、SPL、StudioTechnologies、Wyred 4 Sound
日本音響エンジニアリング株式会社AGS(SYLVAN・ANKH)、NES

●映像制作/放送関連機材部門【ホール3 小間番号3118】

ヒビノ株式会社 ヒビノクロマテック Div.ChromaVision
スチューダー・ジャパン―ブロードキャスト株式会社STUDER、grass valley、VSM、V_LINE、GHIELMETTI、NTTエレクトロニクス
ヒビノベスコ株式会社レンタル用映像機材
株式会社エレクトリAMX

■日時

2016年11月16日(水)~18日(金)
10:00~17:30(18日のみ17:00終了)

■会場

幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

 ⇒会場へのアクセス(幕張メッセのホームページにジャンプします)

■入場料

無料(登録制)

 ⇒Inter BEE 2016 ホームページ


ヒビノインターサウンド株式会社の主な展示製品

ブランド 製品名 製品の特徴
Calrec
CALREC
BRIO 中小規模のスタジオ向けにデザインされた、小型で高性能な放送用デジタル・ミキシングコンソール。高性能な機能を搭載したコストパフォーマンスモデルで、中継用・可搬用にも最適。
coda audio
CODA AUDIO
HOPS5 5インチ/1インチの同軸ユニットに8インチの低域ユニットを追加した、パッシブの2-Wayフルレンジ・スピーカーシステム。横幅15cmの超コンパクトサイズで最大音圧124dBのハイパワーを提供。
DiGiCo
DiGiCo
S21/S31 ワールドツアーのスタンダードであるSD Seriesの流れを汲む小型軽量モデル。マルチタッチスクリーンを2面搭載したS21と3面搭載した新製品S31を展示。
DPA Microhpnes 
DPA Microphones
d:factoボーカル・マイクロホン 色づけのないナチュラルな音質が特長。高域の特性をフラットに調整したリニアモデルも登場。
ボディウォーン・マイクロホン 衣装へはもちろん髪の毛の中や頬など、シーンに合わせて様々な場所へ自然に装着可能な高性能小型マイクロホン。
gefen
Gefen
Video Over IP対応製品 標準イーサネットプロトコル経由でHDMI/DVI/VGAなどの映像信号を延長・変換。
Shure 
Shure
MXA910 頭上から発言者の口元を狙って精確に収音するシーリングマイクロホン。
MXA310 テーブルに置いて任意の範囲を収音するテーブルアレイ・マイクロホン。
 tvONE
tvONE
CORIOmaster mini わずか1Uのコンパクト設計ながら、最大4面のビデオウォールと28のウインドウを管理可能なビデオウォール・プロセッサー

※上記以外にも、CAMCO、DK-Technologies、HIBINO、MUTEC製品も多数展示いたします。