トップ  >   お知らせ  >   CODA AUDIO " N-RAY " 発売
CODA AUDIO " N-RAY " 発売

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

2020年 4月 21日

CODA AUDIO
" N-RAY"

15kgの小型サイズで最大音圧143dB
高音質、高効率な
3-Wayラインアレイ・スピーカーシステム。

ヒビノインターサウンド株式会社( 本社:東京都港区、代表取締役社長:生出 修) は、ドイツCODA AUDIO( コーダ オーディオ)の3-Wayラインアレイ・スピーカーシステム“ N-RAY ”を2020年5月21日より発売いたします。

N-RAYは、15kgの小型軽量キャビネットから最大音圧143dBという高出力と高音質を実現した3-Wayラインアレイ・スピーカーシステムです。独自技術を集結し、超低歪率で高効率のドライバーを開発。劇場やホールのコンサート、企業イベントなど、あらゆるアプリケーションに対応可能。キャビネットのサイズ感を超えたハイパワーとCODA AUDIOならではの高音質は、観客のみならずユーザーの利便性を大きく向上させます。
N-RAY専用のベースエクステンション“ SCN-F ”も同時発売。

N-RAYプレスリリース-3    
N-RAY×6+SCN-F×2
N-RAYプレスリリース-1 
N-RAY
N-RAYプレスリリース-2  
SCN-F

製品名 カテゴリー 価格 発売日
N-RAY 3-Wayフルレンジ
ラインアレイ・スピーカーシステム
オープンプライス 2020年
5月21日
SCN-F センサーコントロールド・
ベースエクステンション
オープンプライス


■高出力、小型軽量のキャビネットがもたらす大きな利点
N-RAYは「nano」の頭文字「N」を名前に冠したとおり、小型軽量なキャビネットをもつラインアレイ・モジュールです。幅518×高227×奥行390 mm、15kgというサイズにもかかわらず、許容入力は1,000W(AES)、最大音圧は143dB SPLという高出力を誇ります。 小型軽量なキャビネットはアレイに組んだ際の見切れや耐荷重の問題をクリアし、圧倒的な出力は物理的な必要本数を抑えられます。このため、システム全体のサイズと重量は従来のシステムに比べて著しく少なくすることが可能です。この必要本数と専有面積の抑制は舞台の上だけではなく輸送にも大きな利便性をもたらし、セッティングのための時間や労力、運営コストを大幅に削減します。また、フェーズリニアリティーがCODA AUDIOの既存機種AiRAYやViRAYと似通っているため音響的互換性があり、既存のシステムを無駄なく使用してシステム増強ができます。

■高出力、高音質を引き出すCODA AUDIO独自のテクノロジー
・放熱空冷技術「DAC(Dynamic Air Cooling)」
N-RAYとSCN-Fには、熱放散を劇的に改善する独自の放熱空冷技術「DAC(Dynamic Air Cooling)」を導入しています。DACは、小型のキャビネットを高出力化するために開発された、画期的な技術です。膨大な量の電力をコンパクトなエンクロージャーに入れるため、新しいサーマルコンセプトに基づくエンクロージャーに設計。すべてのドライバーが取り付けられたフロントバッフルと通気孔をアルミニウム製に変更しました。空気の流れを最大にしてシステムの熱容量を増やすように最適化された通気孔は、入力レベルが増すほど通気孔内の空気の流れが増し、ドライバーからより多くの熱を奪ってエンクロージャーの外側に放出します。結果、従来の冷却システムを備えた同サイズのシステムと比較して、許容入力と最大SPLが2倍という驚異的な数字を実現しています。

・DDPドライバー(デュアルダイアフラム平面波ドライバー)
N-RAYの心臓部ともいえる中高域を担うのが、DDPドライバーです。6インチの2-Way構成で、中・高域のリングダイアフラムを同軸に配しています。CODA AUDIOの独自技術であるリングダイアフラムは、二重のサスペンション構造を取っています。ダイアフラムの振動面の幅を再現する波長より狭くすることでピストンモーションの安定性を高め、特に高域におけるIMD(相互変調歪)を極限まで低減させています。また、リングダイアフラムは、従来のドーム型のダイアフラムに比べて振動面を広く取れる特長も備えています。そのため、より低い周波数までの再生を可能にします。さらに、中域と高域を個別に担当させる2-Way構成により、パワーハンドリングを向上。ドライバー自体を高効率化し、並外れた過渡特性を実現します。そして、音となるリングダイアフラムの振動はドライバー内部で回折して物理的に時間をそろえられ、優れた位相特性となります。超低歪率、広いダイナミックレンジ、並外れた過渡特性と優れた位相特性、これらすべてが音質を洗練させ、明瞭度の高い信頼性のあるサウンドとなって出力されます。

・ Instafit Magnetic Coupler
ウェーブガイドとなるInstafit Magnetic Couplerは、位相を破壊せずにすべてのトランスデューサからのエネルギーを統合して単一音源として機能させます。これにより、完全にコヒーレントで均一な波面が得られ、アレイを組んだ際の圧倒的なパワーを生み出します。

・低域ドライバー
2インチのボイスコイルでネオジム磁石を採用した超低歪率の6.5インチのコーンドライバーを2つ搭載しています。アルミニウム製のショートリングを3つ採用しており、誘導変動を減らし、IMDを最小限に抑えながらサーマル・コンプレッションを減らします。このデザインはIMDを劇的に減らし、全帯域におよぶ音質とパフォーマンスを向上させます。
N-RAYプレスリリース-4
HFリングダイアフラム

N-RAYプレスリリース-5
DDPドライバー

N-RAYプレスリリース-6

■N-RAY専用ベースエクステンション「SCN-F」
SCN-Fは、ネオジム磁石を採用した超低歪率のロングエクスカージョンドライバーを搭載。ベースエクステンションとしてN-RAYと一緒に使用することで、35Hzまで低域を拡張します。再生周波数のほとんどがN-RAYの低域とオーバーラップしているので、低域に重厚感と迫力をもたらします。また、SCN-Fはベロシティセンサーを搭載した上位モデルで、CODA AUDIO独自のフィードバック・ループ・コントロールを可能にします。ベロシティセンサーはボイスコイルの動きを正確に測定し、振幅の大きさと速さの情報をセンサーケーブルを通してLINUSアンプに内蔵されたコンパレーターへ送信。LINUSアンプは、その情報と音源のオリジナル情報を比較してアンプのドライブを修正し、ボイスコイルを常にオリジナルに追従させます。外部EQを使用せず平坦な周波数特性を生み出すハイパフォーマンスで、完璧と言えるほど正確な音楽再生を実現します。
※センサーコントロールドサブウーファー「SCV-F」を追加して、再生周波数を25Hzまで拡張可能。

■ポータビリティーに優れ、ユーザーフレンドリーなキャビネット
N-RAYとSCN-Fの小型軽量のキャビネットは、ポータビリティーに優れて
N-RAYプレスリリース-7いるだけでなく、ユーザーフレンドリーな機能を多く備えています。

N-RAYの水平指向角は、90°。Instafit Magnetic Couplerをオプションのカプラーに取り替えることで、水平角を120°(60°+60°)または非対称:105° (45°+60°)で利用可能。グリルは側面のねじ止めピンを利用して簡単にリリースできるうえ、Instafit Magnetic Couplerは超強力なマグネットで張り付いているので、外して取り替えるだけ。水平角の変更のために、工具の必要がありません。また、垂直の角度は0°~12°まで1°刻みで設定可能。設置会場に合わせたアレイ性能を3Dで正確にシミュレートする「System Optimiser」も近日公開予定です。

N-RAYとSCN-Fの連結金具はキャビネットに内蔵されており、側面フロント側の左右にあるピンと背面の金具を使用するスリーポイントのリギングシステムを採用しています。キャビネットの背面に接続ケーブルを取り付けた合理的な構造は、別途ケーブルを用意する必要がないばかりかケーブルを紛失する恐れもありません。フライングもグラウンドスタッキングも可能で、設置環境に対応。SCN-FはN-RAYと横幅が同じなので、見た目も美しくセッティングできます。ドリーやカバーなど移動用のオプションも用意しています。

N-RAYとSCN-Fは、CODA AUDIO のDSP 内蔵4ch パワーアンプ「LINUS 14D」内蔵のシステムラック「LINUS T-RACKや「LINUS 10」内蔵のシステムラック「LINUS RACK20T/40T」、「LINUS RACK 20i/40i」と一緒に使用します。LINUS アンプは、最大9,216ものタップを使用したFIRフィルターを採用した独自のアルゴリズムにより完全なリニアフェーズをもたらす高品位なDSP「LINUS CORE」を搭載しており、妥協のない音質を提供します。LINUS 14DからDante機能を省き、コストパフォーマンスに優れた「LINUS14」も近日発売予定です。


詳細に関しましては、ヒビノインターサウンド株式会社までお問い合わせください。
 ●お客様のお問い合わせ窓口:  TEL: 03-5783-3880 FAX: 03-5783-3881
 ●報道関係のお問い合わせ窓口: TEL: 03-5783-3882 FAX: 03-5783-3881

N-RAY SCN-F
形式 3-Way ラインアレイ・モジュール センサーコントロールド・ベースエクステンション
連結台数 FR-NR使用時 最大24台(角度による) FR-NR使用時 最大12台(角度による)
周波数特性 60Hz~22kHz(-6dB) 35~200Hz (-6dB)
許容入力(AES/ピーク) 低域 : 1000W/4000W 1500W / 6000W
感度(1W/1m) 低域 : 95dB 中高域 : 110dB 101dB
最大音圧 143dB※1 139dB※2
カバレージ角 水平 : 90°※3
垂直 : アレイ構成による/0°~12°(1°刻み)
水平 :-
垂直 : アレイ構成による/ 0°、2.5°、 5°
ドライバー構成 低域 : 2×6.5インチ(165mm)、ネオジム磁石採用、防滴加工コーン使用、2インチ(50.8mm)ボイスコイル2×500W(AES) 低域 : 1×15インチ(380mm) 、ネオジム磁石採用、超低歪率4インチ(101.6mm)ボイスコイル
中高域:6インチ(152mm)コアキシャルドライバー
中域:3.5インチ(90mm)ボイスコイル、150W(AES)
高域:1.75インチ(44.4mm)ボイスコイル、80W(AES)
クロスオーバー 500Hz、6.3kHz(パッシブ)
入力コネクター 2×Neutrik™( 1×Input+1×Link) 2×Neutrik™ NL4MP
公称インピーダンス 12Ω(+2/-2) 8Ω(+1/-1)
エンクロージャー 合板、アルミニウム 合板、アルミニウム
仕上げ ポリウレア樹脂塗装、黒 ポリウレア樹脂塗装、黒
フライング金具 製品に含む 製品に含む
寸法(W×H×D) 518 × 192 × 390 mm(突起物含まず) 518×418×595 mm 
質量 15kg 33kg
※1 ピンクノイズ、クレストファクター6dB
※2 ピンクノイズ、クレストファクター6dB、ハーフスペース
※3 水平角はオプションのカプラーを使用して、120°、105° (60°+45°または45°+60°)に変更可能

■オプション
・FR-NR  オープンプライス
N-RAYシステム用アレイフレーム。フライング/グラウンドスタッキング両用。
EXBAR-NR(エクステンションバー)とNADS(ピックポイントアダプター)、シャックルを含む。

・NR-LINK  オープンプライス
SCN-Fの下に8台までのN-RAYを接続。

・NGA  オープンプライス
N-RAY用グラウンドスタッキングアダプター。

・NR-COUPLER 120°  オープンプライス
N-RAYの水平角を120°にするウェーブガイド。2枚(N-RAY1台分)

・DOT-NR  オープンプライス
N-RAY用ドリー。6台に対応。天面を平らにするトップパネルを含む。

・DOT-SCN-F  オープンプライス
SCN-F用ドリー。3台に対応。

・CO-N-RAY   オープンプライス
N-RAY用プロテクションカバー。6台に対応。

・CO-N-SUB  47,300円(税抜43,000円)
SCN-F用プロテクションカバー。1台に対応。
※N-SUB(N-APS用サブウーファー)共用

・CO-N-SUB EX  42,900円(税抜39,000円)
SCN-F用プロテクションカバー。1台ごとに追加。
CO-N-SUBと連結して使用。
※N-SUB(N-APS用サブウーファー)共用