トップ  >   お知らせ  >   音響・映像機器 標準価格改定のご案内
音響・映像機器 標準価格改定のご案内
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
 最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2021年8月6日


音響・映像機器 標準価格改定のご案内


この度、ヒビノインターサウンド株式会社およびヒビノ株式会社 ヒビノプロオーディオセールス Div.が輸入取扱いをしております商品の一部の価格を2021年9月1日より改定させていただくこととなりました。業務の合理化により現行価格を出来る限り維持するよう努めてまいりましたが、昨今の原材料費高騰によるメーカーの値上げ、及び輸入コストの増大により価格を維持することが困難な状況になっております。

 つきましては、大変恐縮でございますが、2021年9月1日より新標準価格を採用させていただきたく存じます。

私共といたしましては、今後とも商品サポートや流通の円滑化などに万全を期す所存でございます。何卒状況をご賢察の上、一層のご支援の程よろしくお願い申し上げます。

 

■標準価格改定の対象ブランド

  • ヒビノインターサウンド取扱いブランド
    CALREC、CODA AUDIO、DiGiCo、DPA Microphones、Gefen、KAKASHI Professional Stands、KLANG:technologies、MUTEC、TRIAD-ORBIT、TUBE-TECH、Vaddio

  • ヒビノプロオーディオセールス Div.取扱いブランド
    AKG、BSS AUDIO、CROWN、dbx、JBL PROFESSIONAL、Soundcraft
※ 上記以外のBRYSTON、CAMCO、DIS、LEA Professional、Lexicon PRO、Shure、STUDERは、今回の価格改定の対象外です。

※ 商品の価格に関しては担当営業までお問い合わせください。


■価格改定期日

  • 2021年9月1日受注分より適用いたします。