旧規格の特定小電力無線機器使用期限に関して - お知らせ - ヒビノインターサウンド株式会社

トップ  >   お知らせ  >   旧規格の特定小電力無線機器使用期限に関して
旧規格の特定小電力無線機器使用期限に関して
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2021年9月17日


電波法関連法令 無線設備規則の改正による
旧規格の特定小電力無線機器の使用期限が延長されています


総務省による電波法関連法令 無線設備規則の改正をうけ、 『2022年12月1日以降、旧規格の特定小電力無線機器はご使用いただけません』 とご案内しておりましたが、新型コロナウイルス感染症による社会経済への影響等をうけ、2022年11月30日の移行期限が延長されております。

移行期限は延長されましたが、法改正そのものは存続しております。弊社では適切なご案内に努めてまいりますが、総務省の電波利用ホームページも併せてご確認くださいますよう、お願い申し上げます。

■電波法改正とは?
ワイヤレスマイクロホンなどの特定小電力無線機器は電波を利用することから電波法で定められた技術基準を満たす必要があります。B型ワイヤレスなどの特定小電力無線機器は電波法令の技術基準に適合していることを証明する「技術基準適合証明・工事設計認証」により技術基準を満たし、免許をお持ちでない方でもお使いいただけるようになっています。

2005年、電波法関連法令の無線設備規制において、無線設備のスプリアス発射( 必要周波数帯以外に発射される不要な電波) 強度の許容値が改正されました。

特定小電力無線機器も2005年の改正以降は改正後の技術基準での「技術基準適合証明・工事設計認証」を受けておりますが、改正以前にご購入いただいた特定小電力無線機器( 改正前の「技術基準適合証明・工事設計認証」を受けた特定小電力無線機器) は2022年11月30日までが猶予期限となっており、2022年12月1日以降、使用することはできない、とされておりました。

2021年6月、総務省では、新型コロナウイルス感染症による社会経済への影響等から、新スプリアス規格への移行期間の延長を決定しております。

※詳細は総務省の電波利用ホームページをご覧ください。

ご使用中の特定小電力無線機器の品番、認証番号をご確認ください
下記のShure 旧規格特定小電力無線機器該当品番一覧をご参照いただき、お使いの特定小電力無線機器が旧規格に該当するかをご確認ください。

ご使用中の特定小電力無線機器の品番、認証番号をご確認ください。



Shure 旧規格特定小電力無線機器該当品番一覧

シリーズ モデル 認証番号
UT/EUT ワイヤレスシリーズ UT2 RK 全て 
RL 全て
RM 全て
RN 全て
RP 全て
RR 全て
UT1 RK 全て
RL 全て
RM 全て
RN 全て
RP 全て
RR 全て
UCワイヤレスシリーズ UC1-JB 全て
UC2-JB 全て
UHF ワイヤレスシリーズ U2-JB 全て
U1-JB 全て
U1-JBX 01YEA3009268 ~ 01YEA3015087
001YEA3017623 ~ 001YEA3034348
U2-JBX 01YEA3009267 ~ 01YEA3015872
001YEA3016356 ~ 001YEA3034303
UR ワイヤレスシリーズ UR1 JBX 001YEA3031244 ~ 001YEA3035926
UR2 JBX 001YEA3031242 ~ 001YEA3035673
SLX ワイヤレスシリーズ SLX1 001YEA3025178 ~ 001YEA3032120
SLX2 001YEA3025179 ~ 001YEA3035861
PGX ワイヤレスシリーズ PGX1 001YEA3025946 ~ 001YEA3035219
PGX2 001YEA3025945 ~ 001YEA3035369
ULX ワイヤレスシリーズ ULX1-JB 001YEA3016403 ~ 001YEA3035876
01YEA3002238 ~ 01YEA3015307
ULX2-JB 001YEA3017109 ~ 001YEA3034943
01YEA3003588 ~ 01YEA3015360