CODA AUDIO " HOPS12i " 発売 - お知らせ - ヒビノインターサウンド株式会社

トップ  >   お知らせ  >   CODA AUDIO " HOPS12i " 発売
CODA AUDIO " HOPS12i " 発売

ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

2021 年11 月1 日

CODA AUDIO
" HOPS12i "

高音質、ハイパワー。最大音圧144dB/SPL。
大型システム用のエレメントに匹敵する音圧をワンボックスで実現した
3-Way フルレンジ・スピーカーシステム。

ヒビノインターサウンド株式会社( 本社:東京都港区、代表取締役社長:生出 修) は、ドイツCODA AUDIO( コーダ オーディオ) の3-Wayフルレンジ・スピーカーシステム“ HOPS12i ”を2021 年11月12日より発売いたします。

HOPS12i は、1.4インチの同軸ユニットと低域用12インチユニットを2つ搭載した、3-Way フルレンジ・スピーカーシステムです。High Output Point Sources の頭文字をとったHOPSシリーズの最上位機種で、名称通り、「高出力、点音源」を実現しています。ワンボックスながら、144dB SPLという最大音圧レベルと許容入力2,000W(AES) もの高出力。トライアキシャル構成に加え、指向角の変更が可能なウェーブガイドを兼ねたホーンによって明瞭度の高いサウンドを狙ったポイントに確実に届けます。サウンドクオリティを求められる劇場やホール、スタジアムや大型体育館、天井高のある商業施設などに最適です。オプション金具を用意しており、縦横どちらにも設置可能。カスタムのカラーリングやウォータープルーフ加工にも対応します。

HOPS12i_3D_RHOPS12i_open_horizontal

製品名 カテゴリー 価格 発売日
HOPS12i 3-Wayフルレンジ・
スピーカーシステム
オープンプライス 2021年
11月12日

点音源によるクリアな音質
HOPS12iは、点音源によるクリアな音質を実現した3-Wayフルレンジ・スピーカーシステムです。低域には、CODA AUDIOのラインアレイ・スピーカーシステムの最上位機種「AiRAY」と同等の技術を用いたボイスコイルと12インチドライバーを採用。高フラックスのリニアモーターによるロングエクスカージョンと超低歪率を実現する高効率なドライバーで、カーボンファイバー製コーンの採用などで軽量化を図って可動質量を最小限に抑えることで、コーンの剛性とダンピングを向上。高感度で透明感のあるサウンドを出力します。1.4インチの中高域ドライバーは、CODA AUDIO独自のリングダイアフラムを採用しています。従来のドーム型に比べて振動面が広いため、より低い周波数までも正確に再現し、高音圧時でも歪みをほとんど感じさせないレベルに低減します。また、中高域のリングダイアフラムを同心円状に取り付けることで、位相的にも完璧な状態を生み出します。これらをトライアキシャル構成にしてトランスデューサの音響中心を揃え、ウェーブガイドが高域だけでなく300Hzまでの指向制御を行います。これにより、完全なコヒーレントで均一な波面形成とフェーズリニアリティを実現しています。

■高出力を引き出すCODA AUDIO独自のテクノロジー
・放熱空冷技術「DAC(Dynamic Air Cooling)」
HOPS12iには、熱放散を劇的に改善する独自の放熱空冷技術HOPS12i_DAC 「DAC(Dynamic Air Cooling)」を導入しています。すべてのドライバーが取り付けられたフロントバッフルと通気孔をアルミニウムで成形し、空気の流れを最大にしてシステムの熱容量を増やすように最適化。通気孔は、入力レベルが増すほど通気孔内の空気の流れが増し、ドライバーからより多くの熱を奪ってエンクロージャーの外側に放出します。結果、従来の冷却システムを備えた同サイズのシステムと比較して、許容入力と最大音圧レベルが2倍という驚異的な数字を実現。HOPS12iでは、許容入力2,000W(AES)、 最大音圧レベル144dB SPL(※)という数字をたたき出しています。
(※)HOPS12i-64:ピンクノイズ、クレストファクター12 dB、Aウェイト


大型固定設備用途に最適
HOPS12iは、高音質でハイパワーなスピーカーシステムなので、サウンドクオリティを求められる劇場やホール、明確なアナウンスを届けたい天井高のある商業施設などに最適です。DIN18032-3に準拠したボールの衝撃に対する耐性も備えており、スタジアムや大型体育館への導入も可能です。高品位なサウンドを狙ったポイントに確実に届けるため、ウェーブガイドを兼ねた90º×60ºと60º×40ºの2種類のホーンを用意。ホーンは取り外し可能で、回転させることもできます。縦置きまたは横置きの制限がある場所にも、ホーンを回転させることで指向角に妥協をせず、必要な箇所にクリアな音を提供できます。エンクロージャーには8mmネジのスレッドポイントが複数あり、これらに対応する縦横設置用のUブラケットやハング用フライング金具を用意しています。場所に応じた柔軟な設置が可能で、RAL指定のカスタムカラーリングやウォータープルーフ加工(IP55)にも対応します。(最低ロット数などお問い合わせください。)

HOPS12i_rotated-horn

LINUS アンプとのシステムソリューション
HOPS12iは、CODA AUDIO のDSP 内蔵4ch パワーアンプ「LINUS 14D」や「LINUS 14」と一緒に使用します。LINUS アンプは、スピーカーのプリセットを内蔵。DSP 制御のみならず、スピーカーとアンプの適正なマッチングやネットワークのコントロールを行う統合ソリューションとして機能するように設計されており、最適なパフォーマンスと保護が保証されます。


詳細に関しましては、ヒビノインターサウンド株式会社までお問い合わせください。
 ●お客様のお問い合わせ窓口:  TEL: 03-5419-1560 FAX: 03-5419-1563
 ●報道関係のお問い合わせ窓口: TEL: 03-5419-1561 FAX: 03-5419-1563


■仕様
  HOPS12i-64 HOPS12i-96
形式 3-Way フルレンジ・スピーカーシステム
周波数特性 44Hz~22kHz(-6dB)
許容入力
(AES/ピーク) 
低域 : 2000 W / 8000 W
最大音圧レベル
(with LINUS14) 
144 dB SPL(※1)  142 dB SPL (※1)
カバレージ角 水平 : 60°、垂直:40°(※2) 水平 :90°、垂直:60°(※2)
ドライバー構成
低域:2×12インチ(304.8mm)、ネオジム磁石採用、防滴加工コーン使用、
4インチ(101 mm) ボイスコイル、2×1000W(AES)
1.4インチ(35.6mm)ネオジム磁石採用コアキシャルドライバー
中域:3.5インチ(90mm)ボイスコイル、150W(AES)
高域:1.75インチ(44.4mm)ボイスコイル、80W
クロスオーバー 3-Way パッシブ 440 Hz / 6300 Hz
入力コネクター  2×Neutrik™( NL4MP)
公称インピーダンス 12Ω(1+/1-)
エンクロージャー 合板、アルミニウム
仕上げ ポリウレア樹脂塗装、黒
サスペンション 12 ×M8 スレッドポイント
IP 規格(IEC 60529) IP54
寸法(W×H×D)  368 × 790 × 420 mm
質量 約34kg
(※1)ピンクノイズ、クレストファクター12dB、Aウェイト (※2)回転可能

■オプション
 H12V
・H12V  オープンプライス
 HOPS12i用Uブラケット。縦設置用。
H12H

H12H  オープンプライス
 HOPS12i用Uブラケット。横設置用。
 HFA12
HFA12  オープンプライス
 HOPS12i用フライング金具。
HOPS12i-64-Horn
 ・Horn HOPS12i-64  オープンプライス
 HOPS12i用ホーン(指向角:60°×40°)。


■製品紹介動画