Shure “KSM11"発売 - お知らせ - ヒビノインターサウンド株式会社
お知らせ

トップ  >   お知らせ  >   Shure “KSM11"発売
Shure “KSM11"発売
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2022年4月28日

低域から高域に及ぶ比類のない音響特性と
優れた軸外特性を備えた最高峰のワイヤレスマイクヘッド
Shure “KSM11"


ヒビノインターサウンド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:生出 修)は、米国の音響機器メーカー Shure(シュア) のボーカルマイクヘッド“KSM11”を2022年5月6日より発売いたします。KSM11はデジタルワイヤレスに移行しつつある現在のオーディオ環境に最適化すべく開発された最高峰のマイクヘッドです。完全なる低音、豊かな中音域、きめ細やかな高音の絶妙なバランスに加え、極めて優れた軸外特性を獲得。コンデンサーマイクロホンながらShureならではの力強さと、マイクヘッドを握り込んでも音質変化の少ない優れた特性を実現しています。
 
カテゴリー KSM11マイクヘッド(ブラック) KSM11マイクヘッド(ニッケル)
型番 RPW192 RPW194
価格 217,800円(本体198,000円)
発売日 2022年5月6日
 

■主な特長

  • 3/4インチのゴールドダイヤフラムと高品位な電子回路テクノロジーを採用し、128.5dBもの類を見ない卓越したダイナミックレンジを実現。
  • 入念に設計されたカーディオイドパターンにより、軸外の位相歪みが低減され、純粋で密度の高いサウンドを再現。
  • 合理化されたシンプルな設計により軽量化を実現し、ハンドヘルド送信機に装着した際の重量感、バランス感が向上。ハンドリングノイズを大幅に低減させる高度なアイソレーションシステムを採用。
  • 耐圧性に優れたへこみに強い硬化鋼製グリルと、ふかれ低減ポップフィルターにより、安定性に優れた自然な音を実現。
  • ブラックとニッケルの2色を用意。

■KSM11の仕様

形式:エレクトレット・コンデンサー型
指向性:カーディオイド(単一指向性)
周波数特性:50~20,000Hz
出力インピーダンス:250Ω
開回路感度:–46.5dBV/Pa@1kHz
最大SPL:151dB/SPL
S/N比:71.5dB
ダイナミックレンジ:128.5dB、標準
出力クリッピングレベル:10dBV
等価雑音レベル:22.5dB SPL、Aウェイト、標準
極性:ダイヤフラムへの正圧は送信機のグランドピンに対して正電圧を生成
推奨動作電圧:DC 5V
寸法・質量:φ48.7×H76.3 mm、約150g