HOME >  CODA AUDIO >  Introduction : APS Arrayable Point Source
Introduction : APS Arrayable Point Source
APSタイトル

あらゆるアプリケーションに対応できる柔軟なシステム

APSはコンパクトながら最大音圧146dB(Mid/Hi)という圧倒的な出力を誇る 3-Wayポイントソース・スピーカーシステムです。垂直方向だけでなく水平方向のアレイやシングルでの使用も可能。ステージのメインアレイを構成するほかサイドフィルにも対応可能。高い柔軟性で、会場全体を単一システムで簡潔に構築できるうえ、リニアフェイズを実現するLINUS製品との組み合わせで、会場全体のカバレージに音響一致が得られます。設置調整の時間を短縮するうえ、少ない本数で広い範囲をカバー。あらゆる場面に対応できるコスト効率の高いシステムです。

 ■フライング

APSシステム_フライング
 ■グラウンドスタッキング




APSシステム_グラウンドスタッキング

DDC(Dual Diaphragm Curved-wave-driver)技術

 APS_DDC   APSは心臓部となる中高域に最新の9インチ同軸のDDCドライバーを搭載。各ドライバーは、2つのリングダイアフラムを使用する2-Way同軸システムで、パワーハンドリング、高ダイナミック、超低歪率を実現します。
  • 中域のリングダイアフラムは400Hz~6.5kHzの周波数をカバーし、滑らかでリニアなレスポンスを示します。ダイアフラムの振動面は最大±0.8mmとなり、高出力かつ1300Wまでのパワーハンドリングを実現。
  • 高域用の超軽量ダイアフラムは6~22kHzの周波数をカバーし、非常に高効率で優れた過渡特性を提供します。

独自の新しいトランスデューサは、優れた分散制御と忠実度の高いサウンドを出力するために、長方形のピストンから真のコヒーレントな20°の湾曲した波面を放射するように設計されています。
  • 低域は、3インチのボイスコイルでネオジム磁石を採用した超低歪率の10インチのコーンドライバーを2つ搭載しています。新たに開発された超高能率なロングエクスカージョン・ドライバーには、4つのデモジュレーションリングを備えた高フラックス・リニア・モーターが搭載されており、一定のインダクタンス、超低歪率、低消費電力を実現しています。

APS-COUPLER

APS_COUPLER

APS-COUPLERは、DDCドライバー用のウェーブガイドとして機能し、すべてのトランスデューサーのエネルギーを集約して単一音源として機能させます。中高域における完璧な水平パターンコントロールで出力帯域を400Hzまで引き下げ、フェーズを壊さずコヒーレントで均一な波面を実現します。

APS-COUPLERは2つの低域ドライバーに対称的に搭載され、複数の最適な間隔スロットにより音響中心間の距離を広げ、300Hzまでの一定のカバレージを実現。200Hzより上の帯域で、6dB感度が上がるように設計されています。

調整可能なカバレージ

水平:120°/90°/60°または非対称:105(°45°+60°)、90(°30°+60°)、75° (30°+ 45°)が利用可能で、非常に正確なオーディエンスカバレージ、反射 の可能性の低減、優れたシステムの明瞭度をもたらします。

垂直:キャビネットを追加するだけのシンプル設計。20(°キャビネット1つ)、 40° (2つのキャビネット)、60° (3つのキャビネット)など360° (18キャビネッ ト)まで変化します。
このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。