DPA-Technologies

DPA-Technologiesについて

HOME > DPA Microphones >  Q&A:楽器用マイクロホン
Q&A:楽器用マイクロホン
Q&A:楽器用マイクロホン

INDEX


Q質問DPA Microphones について教えてください。 

A回答
DPA handmade
DPA Microphones( ディーピーエーマイクロホンズ)はデンマークの音響機器メーカーです。DPA のマイクロホンは、デンマークの自社工場にて一本一本ハンドメイドで生産され、徹底した品質管理のもと安定したクオリティーで出荷されています。DPA は“Danish Pro Audio”( デンマーク・プロオーディオ)の略です。


Q質問 音質について教えてください。

A回答
指向性はスーパーカーディオイド(超単一指向性)で、48V ファンタム電源で駆動する軽量・小型なコンデンサーマイクロホンです。ハウリングに強い設計を施しており、ライブステージでの使用に最適です。極めて自然で透明感のある音質が特徴で、イコライザー調整を行わなくてもそのまま使用できる優れた音質であると高い評価をいただいています。
フロアモニターとの干渉により起こるハウリングを軽減するため、低域から中域にかけて傾斜している180°のライン。


Q質問プリポラライズド・マイクカプセルとはなんですか?

A回答
VO4099プリポラライズド・マイクカプセルは、コンデンサーマイクに必要なバイアス高電圧を48V ファンタム電源から生成するのではなく、カプセルのバックプレートとダイヤフラムの間に電圧を蓄積する事故電極生成方式を採用しています。バックプレート製造時に1000V 以上の高電圧をかけ、さらにオーブンで長時間の高温エージング処理を施します。ポラライズド電圧を取り外してもバックプレートには230V 以上の電極電圧が残留し、100 年以上永続します。このエージングによりマイクは出荷後も安定した特性が持続します。またプリポラライズド方式によりバックプレートとダイヤフラムのスペースを広く確保できるため、高電圧時(SPL)のピークでも歪が発生しにくいのが特長です。
なお、マイクロホンに供給される48V ファンタム電源は、マイクロホン内のプリアンプとインピーダンス変換機を含む出力バッファーを動作させるために使用されます。

※ DPA 社のすべてのマイクロホンはプリポラライズド・マイクカプセルを採用しています。


Q質問 高感度モデル(VO4099Hi)と低感度モデル(VO4099Lo)の違いを教えてください。

A回答
最大音圧レベルが10dB 違います。高感度モデル(VO4099Hi) は142dB、低感度モデル(VO4099Lo)は152dB です。トランペットやドラムなどの音量が大きく、音圧の大きな楽器には低感度モデル(VO4099Lo)をお勧めします。そのため、トランペット・セット(VO4099T)とドラム・セット(VO4099D)には低感度モデル(VO4099Lo)、それ以外のセットモデルには高感度モデル(VO4099Hi)が付属しています。
 モデル 最大音圧レベル 推奨楽器
高感度モデル(VO4099Hi) 142dB ギター、バイオリン、ベース、チェロ、サックス、ピアノ、クラリネット、フルートなど
低感度モデル(VO4099Lo) 152dB ドラム、パーカッション、トランペットなど

 


VO4099Loのコネクター部※VO4099Hi とVO4099Lo はコネクター部の表記で区別できます。VO4099Lo( 低感度モデル)には【HI SPL】と記載され、その裏に白い丸が印字されています。

⇒VO4099Lo(低感度モデル)のコネクター部




★ご注意★
d:vote シリーズのマイクロホンはクリップを使い分けることで複数の楽器に対応しますが、高感度モデルと低感度モデルの使い分けには注意が必要です。音圧の大きな音源に対して高感度モデル(VO4099Hi)を使用すると音がひずむ可能性があり、また逆に低感度モデルで音圧の低い楽器を収音すると必要なレベルが得られない場合があります。


Q質問 VO4099P(ピアノセット)の"ペアリング"とは何ですか?
ペアリングマイク

A回答
ピアノセット(VO4099P)とアコーディオンセット(VO4099A)に含まれる2 本のマイクロホン(VO4099Hi)は感度の差が±1dB(1kHz)以内の製品を選別してペアリングしています。ペアリングすることで左右バランスのとれた音場での収音ができます。調整済みの印として、マイクロホン(VO4099Hi)の固定パーツには白いドットが印字されています。




Q質問 セットモデルに付属している変換アダプターDAD4099-BC とDAD6001-BC の違いを教えてください。

A回答
軸上特性DAD4099-BCは80Hzのローカットフィルター内蔵タイプで、DAD6001-BCはフィルターなしのフラットタイプです。




▼DAD4099-BC
DAD4099-BC・VO4099V( バイオリン)
・VO4099G(ギター)
・VO4099S(サックス)
・VO4099T(トランペット)
DAD6001-BC▼DAD6001-BC
・VO4099C(チェロ)
・VO4099B(ベース)
・VO4099D*(ドラム)
・VO4099P
*(ピアノ)
・VO4099U(木管楽器)
・VO4099CM(クランプマウント)
・VO4099A(アコーディオン)
・VO4099SM(スタンドマウント)

*VO4099D(ドラムセット)とVO4099P(ピアノセット)には、DAD6001-BCのベルトクリップが付属しないアダプターが同梱されています。


Q質問 変換アダプターのベルトクリップは取り外すことができますか?

A回答
写真のように分解し、ベルトクリップを取り外すことができます。ベルトクリップの位置には、付属するスペーサーを代わりに装着してください。
DAD4099 


Q質問 グースネックを固定する向きを変えることはできますか?

A回答
以下の4 種類のクリップは、グースネック固定部を横にスライドしてクリップから取り外し、90 度回転させて向きを変えることができます。
グースネックの向きを変更


90度システム対応クリップ


Q質問 グースネックの延長はできますか?
GE4099

A回答
マイク本体のグースネック長は140mmです。オプションの延長用グースネック(GE4099)を使用すると、さらに80mm延長できます。




Q質問 VO4099S(Sax)を購入しました。このマイクをギターで使用できますか?

A回答
別売のギター用クリップ(GC4099) を装着すれば使用可能です。クリップを交換するだけでギター用マイクロホンとして使用できます。
 


Q質問 バスドラムに仕込めますか?

A回答
バイオリン用クリップ(VC4099) もしくはギター用クリップ(GC4099) でバスドラムにセッティングできます。ドラムに使用する場合は、音量の大きい楽器に最適なVO4099Low ( 低感度)をお勧めします。
バイオリン用クリップ (VC4099) ドラム用クリップ (DC4099) 


Q質問 スネアのトップだけでなくボトム裏にも仕込めますか?

A回答
ドラム用クリップ(DC4099)を使用して、写真のようにセッティングが可能です。
DC4099 


Q質問 トランペットのミュート時にも使用できますか?

A回答
基本的に可能ですが、トランペットによってベルの形状に若干の差があります。実際に試した上でご購入ください。
STC4099 

Q質問 ウクレレにはどのクリップを使用すればよいですか?

A回答
ウクレレのマイキングバイオリン用クリップ(VC4099)またはギター用クリップ(GC4099)を使用します。
装着部の厚みを確認して、適切な方を選択してください。三線へも設置できます。
・バイオリン用クリップ(VC4099):厚み35mm ~ 55mm に対応。
・ギター用クリップ(GC4099):厚み35mm ~ 122mm に対応。


Q質問 スタンドのブームに装着することはできますか?

A回答
マイクスタンドへのマイキング面ファスナーで固定するタイプの木管楽器用クリップ(UC4099)を使用して装着できます。装着したい部分に面ファスナーをしっかり巻いて固定します。
マイクロホンをこのように固定することで、楽器とマイクロホンの距離をプレイヤー自身で調整することができます。ソロパートの場合には距離を近く(オン)、シンガーの後ろでフィルインやオブリガートを演奏する場合には距離を離す(オフ)など変化をつけることで、音量や音色をコントロール可能です。


Q質問 VO4099G(ギター)をピックアップ内蔵のアコースティック・ギターで使用します。ラインとマイクのケーブルをまとめたいのですが。
DAO4099

A回答
別売のギター用ケーブル(DAO4099)を使用すれば、1本のケーブルとして運用できます。
ケーブル長は5 メートルです。




Q質問 ワイヤレス・システムで使用できますか?

A回答
MicroDot端子使用できます。マイクロホンケーブルの終端はMicroDot(マイクロドット)端子です。オプションの変換アダプターを組み合わせることで、SENNHEISER( ゼンハイザー)、SONY( ソニー)、Shure(シュア)など多くのワイヤレスシステムに対応します。


dvoteワイヤレス変換アダプター


Q質問 プリアンプを選ぶ際の注意点はありますか?

A回答
マイクロホンを正常に稼働させるために、48V ± 4V のファンタム電源を供給可能なマイクプリアンプまたはミキサーをご使用ください。マイクロホンに十分な電源が供給されない場合、SPL(最大音圧レベル)の低減、ダイナミックレンジが狭くなる、ノイズフロアが上昇するなどの影響が現れる場合があります。


Q質問 製品の保証と期間について教えてください。

A回答
マイクロホン本体(VO4099Hi、VO4099Lo)
の保証期間は2 年間です。修理サービスご依頼の際は、ヒビノインターサウンド株式会社が発行した保証書を添えて、ご購入いただいた販売店までお問い合わせください。

以下の場合は保証対象外となりますのでご注意ください。
・誤った使用や分解、改造、修理など取り扱いの不備による故障。
・使用上の摩耗、消耗、変質等による劣化。
・製品の真価や適性に影響を及ぼさないわずかな偏差。
・製品に付属しているアクセサリ―類。


Q質問 購入前に実機を一度見てみたいのですが?

A回答
以下よりd:vote楽器用マイクロホンを展示している店舗をご覧いただけます。デモ機のご用意もございますので、展示店舗または弊社までお問合せください。