- KLANG:technologies - ヒビノインターサウンド株式会社
HOME  >   技術資料(KLANG)  >   ファームウェア・アップデート  >   KLANGオペレーションシステム(KOS)ファームウェアアップデート(DMI-KLANG)
KLANGオペレーションシステム(KOS)ファームウェアアップデート(DMI-KLANG)
※ソフトウェアの取得や利用は、利用者自身の責任と費用によって行ってください。本ソフトウェアを使用すること、またそれを使用できなかったことにより生じたお客様の損失や損害などいかなる請求等につきまして、当社は一切その責任を負いません。

※これらのアップデート作業を行う際は、予想外の障害や不具合を考慮し、時間が十分に用意出来ない場合は、別の機会に作業することをお奨めします。特に、仮設現場での作業、特に当日に本番がある場合は別の機会に作業することを強くお奨めします。

※これらのアップデート作業に不安がある場合は、”事前に” 担当営業にご相談ください。場合によっては、弊社でアップデートを行います。


DMI-KLANG/KOS  |  ソフトウェアダウンロードリンク:

この製品には、フリーでオープンソースのソフトウェアが含まれています。 ライセンス情報については、ここをクリックしてください(リンク先は英文)。

 download_icon_DMI-KLANG-150x150
 下記リンクから、DMI-KLANG用のKOSをダウンロードしてください。
 https://www.klang.com/en/downloads#klangfirmwaredmi1




■KLANG KOSファームウェアのアップデート方法
  1. USB スティックをコンピューターへ接続し、 FAT または FAT32 でフォーマットをかけてください。
    ※USBスティックは2GB以上のものをご使用ください。

  2. DMI-KLANG アップデートファイルの中から 「KLANG 0x.yy.zz.KLANGupdate2 」 と 「 failsafe.ub 」の2つのファイルをコピーし、USB スティックの ルートディレクトリへ保存してください。

  3. ファイルをUSBへコピーし終えたら、 DMI-KLANG を DMI スロットへ差し込み、USB スティックを DMI-KLANG の USB ポートへ差し込んでください。

  4. DMI-KLANGを挿入した SD コンソールや Orange Box など、本体の電源が OFFであることを確認してください。DMI-KLANGのリセットボタンを押しながら、コンソールまたは Orange Box などの電源を投入して、DMI-KLANGのLED が 「青」 から 「白」へ変わるまで(約 3 秒)リセットボタンを押し続けてください。その後プログラミングが起動し LEDの色が数回変わります。

  5. LEDの色が「緑」になりアップデート完了となります。
    ※ LED の色が「緑」以外の時に USB スティックを抜いたり本体の電源を落としたりしないでください。

  6. USBスティックを DMI-KLANG から抜き取り 、本体の電源を落とし( SD コンソールの場合はソフトウェアシャットダウンをしてから、本体電源を落としてください)、もう一度電源を入れます。DMI-KLANG の LED がブート状態の「青」から「紫」に変わったことを確認し、また、アプリケーションから DMI-KLANG が最新バージョンへアップデートされたことを確認してください 。