CALREC

カルレックについて

HOME  >   CALREC  >   放送用デジタルミキシング コンソール  >   SUMMA
SUMMA

SUMMA 放送用デジタル・ミキシングコンソール

オープンプライス

17インチのマルチタッチスクリーンを搭載し、直感的な操作性を実現。
中小スタジオ用にシンプルにまとめたコストパフォーマンスモデル。

SUMMA


コンパクトな放送用デジタル・ミキシングコンソール。

  • 中小規模のスタジオ向けにデザインされた放送用デジタル・ミキシングコンソール。コンパクトさを最大限に利用した中継用・可搬用のコンソールとしても適しています。処理能力と入出力を限定したコストパフォーマンスモデル。

■17インチのマルチタッチスクリーンを搭載。

  • 広範囲のユーザーに適応できる直感的なGUIを採用。なじみ深いタブレットのように、17インチのマルチタッチスクリーンを指で操作してコンソールを制御。高解像度な画面で情報を明確に判断できます。

■フェーダーごとの情報を常に表示するディスプレイ。

  • タッチパネル以外のディスプレイは、出力バス、ラウドネスメーターなど各種メーター、ルーティング、プロセッシングなどの情報をフェーダーごとに表示。

■リダンダントシステムなど放送用途に必要不可欠な機能を装備。

  • 放送用途に必要不可欠なリダンダントシステムを搭載。PSU、DSP、コントロールプロセッサー、ルーターモジュールはホットスワップ可能でオートリダンダント機能を持っています。また独立したDSPオペレーションは、PCまたはコントロールのリセットの場合にも音声を途切れさせることなく稼働します。

■基本性能

  • 最大プロセッシング:180ch(モノラル、ステレオまたは5.1chにアサイン可能)
  • メイン出力:4系統(モノラル、ステレオまたは5.1chサラウンドで構成)
  • グループ出力:8系統(モノラル、ステレオまたは5.1chサラウンドで構成)
  • 16系統のAUXバス。
  • 32系統のマルチトラックバス。
  • 全てのバスにディレイが可能で入出力のディレイに追加でアサインできます。全フェーダーにメカニカルPFLがかけられ、3つの5.1スタジオモニター出力を装備。
  • 6レイヤー構成。
  • トークバックマイク内蔵。
  • 消費電力は、ARTEMIS Lightより約30%減を実現。放熱も減少。


チャンネル数 180
メイン出力 4(モノラル、ステレオ、5.1ch)
グループ出力 8(モノラル、ステレオ、5.1ch)
トラックバス 32(モノラルorステレオ)
AUXバス 16(モノラルorステレオ)
ダイレクト出力 1×チャンネル毎(※)
(プリEQ、プリフェーダーまたはポストフェーダー)
ミックスマイナス出力 1×チャンネル毎(※)
(オートマイナス、AUX、トラックまたはオフエアーカンファレンスバスより)
オートマイナスバス 1
オフエアーカンファレンスバス 1
インサート 1×各チャンネル、グループ、メイン、コンソールモニター出力
モニタリングシステム 152×外部モニターとメーターインプット
5.1chコンソールモニター出力(LS、PFL/RTB出力)
3×5.1スタジオモニター出力
オートミキサー 4
VCAグループ 制限なし
EQ/フィルター 6バンドパラメトリック
ダイナミクス 各チャンネル、メイン、グループ、AUX、トラック(2×コンプレッサー/リミッター、エキスパンダー、ゲート、サイドチェーンEQ/フィルター)
ディレイ 2.73s×各チャンネル、グループ、メイン、AUX、トラック
入力ディレイ 2.73s×128ブロックの追加
出力ディレイ 2.73s×128ブロックの追加
ルーターポート 4096×4096
コンソールとI/Oボックス間ネットワーク用
8×リダンダントルーター端子
端子 CAT-5eまたはファイバー接続
SUMMA寸法図   
フェーダー サーフェス最大幅
36+8 1740.5mm
24+8 1308mm
12+8 875.5mm

このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。