CALREC

カルレックについて

HOME  >   CALREC  >   ラジオ放送用 デジタルミキシングコンソール  >   Type R
Type R

Type R  ラジオ放送用デジタル・ミキシングコンソール

 オープンプライス 近日発売予定

サーフェスをモジュラー式にし、ユーザーのニーズにフィット。
コストパフォーマンスに優れたラジオ放送用デジタル・ミキシングコンソール。

TypeR_front

ユーザーのニーズに合わせたカスタマイズが可能

  • フェーダーパネルとソフトパネルを組み合わせ、ニーズにフィットした操作環境を構築。
  • 最大48フェーダーまで拡張可能。
  • 将来の拡張時にも追加が簡単。

標準的なネットワーク技術を使用したIPベースのシステム

  • AES67対応で、標準のIPネットワークで接続。
  • COTSハードウェアと互換性あり。POEやAoIP機器などは、ほかのブランド製品でも可。コストの抑制につながります。
  • イーサネット経由で電源供給。ケーブル配線を最小限に抑制可能。

サンプリングレートの切り替えが可能

  • 48kHzだけでなく、44.1kHz、96kHzにも対応。プロセッシング数を減少させることなく、高解像度のプロセッシングが可能。

■ ブロードキャスト固有のコントロール

  • システム全体にわたって明確かつ簡潔。
  • ミックスマイナスに迅速にアサイン。
  • EQとダイナミクスのコントロールは明確かつ高速。
  • トークバックマイク機能搭載。
  • すべてのI/Oへのリダンダントが可能。
■ 基本性能

  • 最大プロセッシング:Type R-Coreのライセンスにより異なる(「コアユニット」参照)
  • メインまたはグループ出力で使用可能な19系統のプログラムバス。
      メイン出力 : 最大3系統(モノラル、ステレオまたは5.1chサラウンドを構成可能)
      グループ出力 : 最大8系統(モノラル、ステレオまたは5.1chサラウンドを構成可能)
  • 4バンドEQを全てのチャンネル、グループ、AUX、メインパスに装備。
  • 16系統のAUXバス。

■仕様

チャンネル数 Type R-Coreのライセンスにより異なる
メイン出力 最大3(モノラル、ステレオor5.1ch)
グループ出力 最大16(モノラル、ステレオor5.1ch)
AUXバス 最大16(モノラルorステレオ)
ダイレクト出力 1×各チャンネル/グループ
ミックスマイナス出力 2×ステレオミックスマイナスバス
オフエアーカンファレンスバス 1
インサート 1×各チャンネル、グループ、AUX、メイン(モノ、ステレオor5.1ch)
モニタリングシステム

48×外部モニター、メーター入力
console LS、studio 1 LS、misc LS

オートミキサー 各モノチャンネル、グループ
VCAグループ 制限なし
EQ/フィルター 各チャンネル、グループ、AUX、メイン
 4バンドパラメトリックEQ
 LF&HFフィルター@12/24dB/oct
ダイナミクス 各チャンネル:ディエッサー
各チャンネル、グループ:エキスパンダー、ゲート、サイドチェーンEQ付ダッカー
ダイレクト出力、ミックスマイナス出力:コンプレッサー/リミッター
ディレイ 5.4s×48ブロックの追加
入力ディレイ 5.4s×48ブロックの追加
出力ディレイ 5.4s×48ブロックの追加
ルーターポート 512×512(各AoIPポートごとに最大256音声チャンネル)
端子 CAT5eによるAoIP接続

Type R-Fader Panel  フェーダーパネル

オープンプライス

TypeR_Fader Panel  ■ フルサイズの100mmフェーダー×6 
 ■ 最大48フェーダーまで拡張可能。増設や取り外しが簡潔。
 ■ イーサネットケーブルで接続。 
 ■ 素早く動きに反応し、即時アクセスが可能。 
 ■ W248×H38(手前)〜72(奥)×D392 mm

 ■寸法図
 
TypeR_Fader Panel_dim

Type R-Soft Panel  コントロールパネル

オープンプライス
TypeR_Soft Panel

■ タッチスクリーンのシンプルな操作とカラフルなわかりやすい画面。
■ 縦にも横にも設置可能。
■ メモリーのロードを行うことで、ショーごとの仕様に簡単に変更可能。多機能パネルとして簡単にカスタマイズ。
■ パネルスタンドや埋め込み用のキットなどのオプションも用意。詳細はお問い合わせください。
■ LSP:W248×H226×D47mm
  SSP:W181×H157×D47mm

■寸法図
TypeR_Soft-panel_dim

Type R-CORE 2U  コアユニット

オープンプライス

TypeR-Core_front

■ Type R コンソール・システムの根幹となるコアユニット。
■ 20chDSP、8×Auxバス、8×グループバス、3メイン出力(ステレオ)の基本仕様。ライセンスの追加購入で、DSPとコントロール可能なコンソール数を増加可能。
■ 1台で最大3つのコンソール・システムをコントロール。
■ プロセッシング数を減少させることなく、96kHzの高解像度のプロセッシングが可能。
■ AES67のネットワークで各I/Oボックスを接続。
■ ラックマウント可能な2Uサイズ。スペースの有効利用が可能。
■ システムのリダンダントを組む場合は、Type R-Core が2台必要です。
■ I/Oを装備
  4×AES入力、4×AES出力、8×アナログマイク/ライン入力(48Vファンタム)、8×アナログライン出力、12×GPI/GPO、2×ステレオヘッドホン、2×AOIP拡張スロット

■ 追加ライセンス@1Core
R40 1×コンソール:40chDSP、8×Auxバス、8×グループバス、3メイン出力(ステレオ)
2×コンソール:20chDSP、8×Auxバス、8×グループバス、3メイン出力(ステレオ)
R80 1×コンソール:80chDSP、16×Auxバス、16×グループバス、3メイン出力(5.1)
2×コンソール:40chDSP、8×Auxバス、8×グループバス、3メイン出力(ステレオ)
1×コンソール:40chDSP、8×Auxバス、8×グループバス、3メイン出力(ステレオ)
2×コンソール:20chDSP、8×Auxバス、8×グループバス、3メイン出力(ステレオ)
R120 1×コンソール:120chDSP、16×Auxバス、16×グループバス、3メイン出力(5.1)
2×コンソール:60chDSP、16×Auxバス、16×グループバス、3メイン出力(5.1)
3×コンソール:40chDSP、8×Auxバス、8×グループバス、3メイン出力(ステレオ)
1×コンソール:80chDSP、16×Auxバス、16×グループバス、3メイン出力(5.1)
1×コンソール:40chDSP、8×Auxバス、8×グループバス、3メイン出力(ステレオ)
1×コンソール:60chDSP、16×Auxバス、16×グループバス、3メイン出力(5.1)
2×コンソール:30chDSP、8×Auxバス、8×グループバス、3メイン出力(ステレオ)

Type R-IO 1U  I/Oユニット

オープンプライス

Type R-IO


■ 1UのI/Oユニット。3種類を用意。

COMBO4×AES入力、4×AES出力、
8×アナログマイク/ライン入力(48Vファンタム)、
8×アナログ ライン出力、
6×GPI/GPO、2×ステレオヘッドホン

アナログ
16×アナログマイク/ライン入力(48Vファンタム)、
16×アナログライン出力、
6×GPI/GPO

デジタル

8×AES入力、8×AES出力、6×GPI/GPO
TypeR_構成例

このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。