CALREC

カルレックについて

HOME  >   CALREC  >   放送用デジタルミキシング コンソール  >   BRIO
BRIO

BRIO  放送用デジタル・ミキシングコンソール
BRIO・36 BRIO・12
オープンプライス

専有面積1m2以下。
中小規模のスタジオ向けにデザインされた、高性能な機能を搭載したコストパフォーマンスモデル。

BRIO・36_BRIO・12

■ 小型で高性能な放送用デジタル・ミキシングコンソール。

  • DSPに上位機種と同じ“Bluefin 2 DSP”を搭載。圧倒的な音声処理能力を誇り、5.1chサラウンドやモニター機能、多くのバス数を装備。

■ 中小規模のスタジオに最適なコンパクトサイズ。

  • DSPとI/Oを一体化することで、専有面積を1㎡以下に収めています。コンパクトな筐体は、中小規模のスタジオに最適。中継用・可搬用にも適しています。

■ 15.6インチのマルチタッチスクリーンを搭載。

  • 指で確実に操作でき、目的の画面の呼び出しも素早くできます。高解像度な画面は情報をクリアに判断でき、確実なコントロールを可能にします。

■ フェーダー数限定のコストパフォーマンスモデル

  • フェーダー数を限定してコストを抑えつつも、デュアルレイヤー構成にして最大プロセッシング数を増やしています。

■ 96kHzの高解像度による明瞭度の高い音質。

  • プロセッシング数を減少させることなく、96.0kHzの高解像度によるプロセッシングが可能。44.1、48.0、88.2kHzでのオペレートも可能。

■ Hydra2の洗練されたマネージメント。

  • コアルーターを使用することによりHydra2のネットワークを利用可能。複数台のBRIOの接続が可能。また、上位機種のAPOLLOやARTEMIS、SUMMAへの接続も可能になります。

■ I/Oカードの選択でカスタマイズ可能。

  • 拡張I/Oやマルチフォーマットのインターフェイス用に3系統のスロットを装備。Mic/Lineの入出力をはじめ、AESやSDI、GPI/O、MADI、DANTEなど、多様なカードを用意。必要に応じたカスタマイズができます。
■ 基本性能

  • 最大プロセッシング:
  • BRIO・36:64系統 ( モノラル、ステレオまたは5.1chの設定が可能)
    BRIO・12:48系統 ( モノラル、ステレオまたは5.1chの設定が可能)
    追加オプションにより、BRIO・36は96系統に、BRIO・12は64系統にプロセッシング数の増加が可能。
  • メインまたはグループ出力で使用可能な36系統のプログラムバス。
      メイン出力 : 最大4系統(モノラル、ステレオまたは5.1chサラウンドを構成可能)
      グループ出力 : 最大8系統(モノラル、ステレオまたは5.1chサラウンドを構成可能)
  • 6バンドEQを全てのチャンネル、グループ、AUX、メインパスに装備。
  • VCAスタイルグルーピングが可能。
  • ラウドネスメーターを装備。
  • GUI出力やカスタマイズ可能なスクリーンメーター用出力(DVI)を装備。
  • BRIO・36は、ローカルI/Oが豊富。24Mic/Line入力、16ライン出力、AES3入出力の他に8系統のGPIとGPOを装備。
  • リダンダント電源を搭載。
  • 低い消費電力、放熱を実現。


BRIO・36 BRIO・12
チャンネル数 64(モノラル、ステレオ、5.1ch) 48(モノラル、ステレオ、5.1ch)
メイン出力・グループ出力 計36(最大4メイン、8グループ:モノラル、ステレオ、5.1ch)
AUXバス 24(モノラルorステレオ)
インサートセンド&リターン 64 48
ダイレクト、ミックスマイナス出力 64 48
オートマチックミックスマイナス 1
最大5s入出力ディレイ 64 48
オペレーション 44.1、48、88.2、96kHzの設定が可能
モニター出力 3

BRIO36_BRIO12_dim

BRIO36_Back
 ↑ BRIO・36のリアパネル  ※ BRIO・12には、I/Oはありません。

任意のカードを挿入できる3系統のスロットでカスタマイズも可能。


オーディオネットワークHydra2システムのモジュラーカードを任意に選択してバックパネルに挿入できます。
モジュラーカードは、アナログ、デジタル、SDI、GPIO、AoIPなど多様な種類を用意しています。
AD6300(BR-IO):BRIO 専用の拡張I/O ラック、4U
BR-IO_front
左端の列から、デジタル:AES(with SRC)×8 in、AES×8 out、アナログ:マイク/ライン×24 in、ライン×16 out

“ BR-IO ”は、Hydra2をベースにした4UのBRIO専用拡張I/Oラックです。本体と同じ入出力数を備えており、価格を抑えながら入出力数を増設できます。

本体のフロントパネル右側にあるコントローラーで、BRIOシステムではオプションとなるHydra2モジュールに直接またはH2Hubを介してI/Oを接続します。

リダンダント用に光のポートが2つ用意されています。ポート1でBRIOのHydra2のプライマリーに接続し、ポート2でセカンダリーに接続します。H2Hubを使用すると、Hydra2のI/Oボックスと連動して、複数のBR-IOのユニットを追加できます。

寸法:W482 × H178 × D397mm

このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。