DPA-Technologies

DPA-Technologiesについて

HOME > DPA Microphones >  Q&A : 4099 超単一指向性マイクロホン
Q&A : 4099 超単一指向性マイクロホン
※2012年7月、4099シリーズは生産完了となり、d:voteシリーズに生まれ変わりました。d:voteシリーズは、4099シリーズの音響性能はそのまま、ケーブルが着脱可能になりメンテナンス性が格段に向上した製品です。d:voteシリーズをご検討の場合も以下のQ&Aをご参照ください。

⇒d:voteシリーズのページへ
4099

4099 シリーズは、
多彩な楽器の収音を実現する
ライブステージに最適なコンデンサーマイクロホンです。
各種楽器に対応する多様なアタッチメントを用意。
楽器への取り付け、取り外しは簡単で、
高価な楽器に傷を付ける心配はありません。



4099 超単一指向性マイクロホン 【製品詳細】





INDEX

Q.1 DPA Microphones はどの国のメーカーですか? またどこでマイクロホンを生産していますか?

Q.2 4099 シリーズの特徴を教えてください。 

Q.3 4099 シリーズのマイクロホンには4099Hiと 4099Lowの2 タイプがありますが、どのような違いがありますか?

Q.4 4099P(ピアノ)のペアリングとは何ですか?

Q.5 楽器に装着した後、マイクロホンの向きを微調整することは可能ですか?

Q.6 4099S(Sax)を購入しました。このマイクをギターで使用できますか?

Q.7 バスドラムに4099 を仕込めますか?

Q.8 スネアのトップだけでなく、ボトム裏にも4099 を仕込めますか?

Q.9 トランペットのミュート時にも4099 は使用できますか?

Q.10 4099 をウクレレで使いたいのですが、バイオリン用クリップとギター用クリップのどちらを使用すれば良いですか?

Q.11 4099 をワイヤレスシステムで使いたいのですが、可能でしょうか?

Q.12 4099G(ギター)をピックアップ内蔵のアコースティック・ギターで使用します。
ラインとマイクの信号を一本のケーブルにまとめたいのですが。

Q.13 XLR 変換アダプター DAD4099、DAD6001 の違いは?

Q.14 XLR 変換アダプター(DAD4099、DAD6001)のベルトクリップを取り外すことは可能でしょうか?

Q.15 4099 のセッティングに制約はありますか?

Q.16 購入前に実機を一度見てみたいのですが?

4099 on drums





Q.1
DPA Microphones はどの国のメーカーですか? またどこでマイクロホンを生産していますか?

A
DPA は、デンマークのメーカーです。DPA が販売するマイクロホンは、デンマーク国内に所有している工場で一本一本ハンドメイドで生産しています。

・(参考)DPA Microphonesについて

DPAのマイクロホンはハンドメイドです。





Q.2
4099 シリーズの特徴を教えてください。 

A
指向性はスーパーカーディオイド(超単一指向性)で、48V ファンタム電源で駆動する軽量・小型なコンデンサーマイクロホンです。ハウリングに強い設計を施しており、ライブステージでの使用に最適です。極めて自然で透明感のある音質が特徴で、イコライザー調整を行わなくてもそのまま使用できる優れた音質であると高い評価をいただいています。

フロアモニターとの干渉により起こるハウリングを軽減するため、低域から中域にかけて傾斜している180°のライン。





Q.3
4099 シリーズのマイクロホンには4099Hi と4099Low の2 タイプがありますが、どのような違いがありますか?

A
4099Hi(Max SPL 142dB)と4099Low(Max SPL 152dB)で、最大音圧レベルに10dB の差があります。

トランペットやドラムなど音量が大きく、音圧の高い楽器には4099Low(低感度モデル)をお勧めします。

4099Hi はギター、バイオリン、ベース、チェロ、サックス、ピアノ、クラリネット、フルートなど、4099Low は ドラム、パーカッション、トランペット、トロンボーンなどに適しています。




Q.4
4099P(ピアノ)のペアリングとは何ですか?

A
2 本のマイクロホンの感度( センシティビティー) を合わせることです。2 本のマイクロホンをペアリングすることで、 左右バランスのとれた音場での収音、録音が期待できます。4099P は、ペアリングした4099Hi を2本セットにしたモデルです。

4099P 

CP4099
4099P に付属するマグネットマウント(PC4099)





Q.5
楽器に装着した後、マイクロホンの向きを微調整することは可能ですか?

A
可能です。グースネックの向きを調節することで、思い通りのアングルで収音できます。

グースネックを調整できます。



Q.6
4099S(Sax)を購入しました。このマイクをギターで使用できますか?

A
別売のギター用クリップ(GC4099) を装着すれば使用可能です。クリップを交換するだけでギター用マイクロホンとして使用できます。

サックス・管楽器用クリップ (STC4099) ギター用クリップ (GC4099) ユニバーサル・サーフェス (DMM0007)でケーブルを固定 



Q.7
バスドラムに4099 を仕込めますか?

A
バイオリン用クリップ(VC4099) もしくはギター用クリップ(GC4099) でバスドラムにセッティングできます。ドラムに使用する場合は、音量の大きい楽器に最適な4099Low ( 低感度)をお勧めします。

バイオリン用クリップ (VC4099) ドラム用クリップ (DC4099)




Q.8
スネアのトップだけでなく、ボトム裏にも4099 を仕込めますか?

A
ドラム用クリップ(DC4099)を使用して、写真のようにセッティングが可能です。

DC4099




Q.9
トランペットのミュート時にも4099 は使用できますか?

A
基本的に可能ですが、トランペットによってベルの形状に若干の差があります。
実際に試した上でご購入ください。

STC4099



Q.10
4099 をウクレレで使いたいのですが、バイオリン用クリップとギター用クリップのどちらを使用すれば良いですか?

A
楽器の厚みによって使用できるクリップが異なります。それぞれのクリップに 対応する厚みは以下の通りです。

 ・バイオリン用クリップ(VC4099) :厚み 3.5cm ~ 5.5cm の楽器
 ・ギタークリップ用(GC4099)   :厚み 3.5cm ~12.2cm の楽器

ウクレレへのセッティング



Q.11
4099 をワイヤレスシステムで使いたいのですが、可能でしょうか?

A
可能です。マイクロホンケーブルの終端にマイクロドット端子(※)が付いています。この端子に別売の変換アダプターを接続することで、ほぼ全てのワイヤレスシステムで使用可能です。

マイクロドット端子

※マイクロドット端子


・ワイヤレスシステム用 変換アダプター一覧



Q.12
4099G(ギター)をピックアップ内蔵のアコースティック・ギターで使用します。ラインとマイクのケーブルをまとめたいのですが。

A
別売のギター用ケーブル(DAO4099)を使用すれば、1本のケーブルとして運用できます。

ケーブル長は5 メートルです。
https://www.hibino-intersound.co.jp/dpa_microphones/1459.html

DAO4099





Q.13
XLR 変換アダプター DAD4099、DAD6001 の違いは?

A
DAD4099 は80Hz のローカット・フィルター内蔵タイプ、DAD6001 はローカット・フィルターのないフラット・タイプです。

DAD4099 は以下の製品に付属しています。

  4099V(バイオリン)、4099G(ギター)、4099S(サックス)、4099T(管楽器)、4099U(ユニバーサル,木管楽器)

DAD6001 は以下の製品に付属しています。

  4099C(チェロ)、4099B(ベース)、4099D(ドラム)、4099P(ピアノ)

DAD4099 使用時の周波数特性( 音源からの距離は20cm)
DAD4099 使用時の周波数特性( 音源からの距離は20cm)




Q.14
XLR 変換アダプター(DAD4099、DAD6001)のベルトクリップを取り外すことは可能でしょうか?

A
写真のように分解し、ベルトクリップを取り外すことができます。ベルトクリップの位置には、付属するスペーサーを代わりに装着してください。

DAD4099  




Q.15
4099 のセッティングに制約はありますか?

A
マイクロホンのセッティングには決まったルールはありません。環境や演奏者、楽曲などにより、適切なセッティング方法は変わります。是非様々なセッティングをお試しください。
空気感のある自然な音質を得るには、マイクロホンを音源から10 ~ 20cm 程離し、向きを音源から少々ずらすのがおすすめです。

4099U + クラリネット、 4099S + バスクラリネット、 4099S + バリトンサックス



Q.16
購入前に実機を一度見てみたいのですが?

A
弊社、または以下の販売店へご連絡ください。
https://www.hibino-intersound.co.jp/dpa_microphones/1597.html





■お問い合わせ先
  ヒビノインターサウンド株式会社 TEL: 03-5783-3880 FAX: 03-5783-3881



■関連ページ
 ・4099 超単一指向性マイクロホン 【製品詳細】






このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。