DPA-Technologies

DPA-Technologiesについて

HOME > DPA Microphones >  NEWS  >  6月23日(土) マイクロホン・テクニック講座 予約枠残りわずか
6月23日(土) マイクロホン・テクニック講座 予約枠残りわずか

先日お知らせしました、6月23日(土)に渋谷の池部楽器店パワーレックにて開催するDPA Microphones「ミュージシャンの為のマイクロホン・テクニック講座」のセミナー参加予約枠が残りわずかとなりました。
世界の第一線で活躍を続けるエンジニア/ミュージシャンのオノ セイゲン氏の生のレクチャーを聴き、実演していただける貴重なチャンスですので、ご興味ご関心をお持ちの方は是非ご参加ください。

セミナーの参加には事前予約が必要です。こちらのお問い合わせ先よりご予約ください。



日時: 2012年6月23日(土) 15時半開場 16時開始
場所: 渋谷 池部楽器店 パワーレック 特設会場
    (当日はパワーレック6Fフロアにお集まりください。)
    池部楽器店パワーレック
    東京都渋谷区桜丘町24-2第3富士商事ビル6F
講師: オノ セイゲン 氏

オノ セイゲン 氏 プロフィール
録音エンジニア/ミュージシャン/音響空間デザイナー

録音エンジニアとして、82年の「坂本龍一/戦場のメリークリスマス」にはじまり、渡辺貞夫、加藤和彦、ジョン・ゾーン、アート・リンゼイ、マンハッタン・トランスファー、オスカー・ピーターソン、キース・ジャレット、マイルス・デイビス、キング・クリムゾン、ジョー・ジャクソンなど多数のアーティストのプロジェクトに参加。業務用機器のR&D、実際の現場でアプリケーションのコンサルティングなども手がける。
DSD、最新のサラウンドフォーマットなどの強力な推進者でもある。東京のサイデラ・マスタリングをベースに、2011年秋からは3ヶ月ごとにベルギーGALAXY STUDIOSのゲストエンジニアとしても活動。
一方でミュージシャンとして、93年にスイス、モントルー・ジャズ・フェスでデビュー。08年7月に3回目の出演となる同フェスで“Le petit ballets des Rolly”を世界初演。87年に川久保玲から「誰もまだ聞いたことのない音楽、洋服が奇麗に見えるような音楽を」という依頼により作曲、制作した『COMME des GARCONS / SEIGEN ONO』(広告関係者、選曲家必聴のクラシックと言われている)ほか多数のアルバムを発表。ジャン・クリストフ・マイヨーの「モンテカルロバレエ団」、フィリップ・デュクフレの「DCA」ほか、国内外のダンスカンパニーなどにも委嘱作品を提供。
音響空間デザイナーとして、ミラノサローネ(世界最大規模の家具見本市 2010/2012)では、建築家の谷尻誠と組んだ、視覚と聴覚により空間を抽象化した展示が話題となる。新世代のスタジオデザイン、店舗やレストランなどの音響空間デザインなども手がける。


このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。