DPA-Technologies

DPA-Technologiesについて

HOME > DPA Microphones >  DPA on Live Stage 2014
DPA on Live Stage 2014

スタジオ・クオリティーの音質をライブ・ステージで実現するDPAのマイクロホン。
最新のラインナップをご紹介します。



 

 d:facto(ディファクト)は音楽スタジオや放送局で長年愛用され続けてきた単一指向性マイクロホン”4011”をベースに開発した超単一指向性のマイクカプセル”MMC4018V”を採用しているボーカル・マイクロホンです。120dBの広いダイナミックレンジにより、ジャズ、ポップス、ロックなどのジャンルを問わず、ボーカリストの表情豊かな歌声を細部までクリアに表現します。

 d:facto(ディファクト)は有線マイクロホンとしてだけでなく、オプションのワイヤレス変換アダプターと組み合わせることでSennheiser(ゼンハイザー)、Shure(シュア)、Sony(ソニー)、Lectrosonics(レクトロソニックス)など各社のワイヤレスシステムと一緒にご使用いただけます。





 

 世界中の劇場や放送局で活躍するヘッドセット・マイクロホン4066と4088がd:fine(ディファイン)シリーズにラインナップされました。クリアで拡がりのある音質が特徴の無指向性マイクロホン”FIO66”とハウリングに強い設計の単一指向性マイクロホン”FID88”です。シングルイヤー(片耳掛け)とデュアルイヤー(両耳掛け)から選択できるほか、顔の小さな女性やこどもに最適なミディアムブームモデルも用意しました。

 d:fine(ディファイン)は有線だけでなく、オプションの変換アダプターと組み合わせることでSennheiser(ゼンハイザー)、Sony(ソニー)、Samson(サムソン)、Shure(シュア)、Audio Technica(オーディオテクニカ)など各社のワイヤレスシステムと一緒にご使用いただけます。




 

 4018Aは、音楽スタジオや放送局で長年愛用され続けてきた単一指向性マイクロホン”4011”をベースに開発した超単一指向性のマイクカプセル”MMC4018”を採用しているレコーディング・マイクロホンです。超単一指向性のマイクカプセル特有の背面(180度)からの音の回り込みを最小限に抑える工夫が施されているため、ライブ・ステージ上においても、DPAならではのクリアでフラットな音質での収音が可能となります。
フラッグシップモデルの4018Aはマイクカプセル“MMC4018”とクラスAマイクプリアンプ“MMP-A”で構成されるモジュール式マイクロホンです。

 2011Cはコンパクトでコストパフォーマンスにも優れた単一指向性マイクロホンです。ミニチュア・カプセルをモディファイした「デュアル・ダイアフラム・マイクロホン・テクノロジー」を採用し感度に優れたノイズの少ない音質が得られるよう設計されています。最大音圧レベルは”146dB”。スピーチから様々な楽器の収音まで、幅広いシーンで仕込み用マイクロホンとしてご使用いただけます。2011CはマイクカプセルMMC2011と超小型のマイクプリアンプMMP-Cで構成されるモジュール式マイクロホンです。




 
▲d:vote製品紹介動画

 
▲D-A-D(Disneyland After Dark)のサウンドエンジニア・インタビュー

 d:vote(ディボート)シリーズは超単一指向性マイクロホンと8種類のアタッチメントから構成されます。マイクロホンは狙ったポイントのマイキングが簡単に行えるグースネック式です。さらにDPAならではのクリアな音質はイコライザー調整なしでそのままお使いいただけるため、セットアップ時間が短縮できます。

 ステージ・ユーズに特化した楽器用マイクロホンd:vote(ディボート)は有線だけでなくオプションの変換アダプターと組み合わせることでSennheiser(ゼンハイザー)、Sony(ソニー)、Samson(サムソン)、Shure(シュア)、Audio Technica(オーディオテクニカ)など各社のワイヤレスシステムと一緒にご使用いただけます。