DPA-Technologies

DPA-Technologiesについて

HOME > DPA Microphones >  ユーザーレポート  >  NEWS  >  "トロンボーン奏者KOIKE HAYATOによるd:viceレビュー"(poco a poco vol.86)
"トロンボーン奏者KOIKE HAYATOによるd:viceレビュー"(poco a poco vol.86)
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2018年2月15日

管楽器専門のフリーペーパー「poco a poco」誌で、デジタルオーディオ・インターフェース「d:vice」とd:vote楽器用マイクロホン"VO4099S"を、トロンボーンの収音に使用したレビュー記事が掲載されました。トロンボーン奏者のKOIKE HAYATOさんにご協力いただいています。d:viceのセッティングの様子と、実際に録音した音源がYoutubeで公開されています。
このサイトには、新税率(8%)に基づく税込価格と税抜本体価格を併記しています。