DPA-Technologies

DPA-Technologiesについて

HOME > DPA Microphones >  ユーザーレポート  >  NEWS  >  プロデューサー・レコーディングエンジニア「塩田哲嗣」氏が語る「DPA 2028」
プロデューサー・レコーディングエンジニア「塩田哲嗣」氏が語る「DPA 2028」
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。
2020年2月10日

ジャズシンガーAiriさんのプロデューサー・レコーディングエンジニアの塩田哲嗣氏に、DPA Microphonesの新しいボーカル・マイクロホン「2028」について語っていただきました。

  

■プロフィール
塩田哲嗣  - ベース奏者・プロデューサー・レコーディングエンジニア -

1969年8月8日生まれ。
1992年頃からベーシストとして数多くのSession&録音に参加。
1996年ニューオリンズで演奏活動。1997年帰国後、大坂昌彦(Dr)などのバンドで活躍。
2001年ニューヨークに再渡米。14年間のアメリカを拠点とした活動を開始する。
2002年9月東京スカパラダイスオーケストラのNARGOと”SFKUaNK!!"を結成。全国bluenoteツアーやクアトロツアー等、精力的な活動を展開する。2005年メジャーデビュー。
2005年よりプロデュースも本格的に開始し、NY在住中Vocalの"Bei Xu”をプロデュース。i Tunes Musicなどのヒットチャートで1位を獲得。以降、数多くのプロデュース作品をリリースし続けている。
2010年ボストンのバークリー音楽大学に入学、MP&E(ミュージックプロダクション&エンジニアリング)とPerformance(パフォーマンス)のDual Majorで2014年5月に卒業。
2014年6月より日本に活動拠点を戻し、ミュージシャン&プロデューサー&録音エンジニアとして活躍中。

★SteelpanRecords/Nori Shiota
https://ameblo.jp/norishio88/

★Facebook
https://www.facebook.com/norishio