DPA-Technologies

DPA-Technologiesについて

HOME > DPA Microphones >  ユーザーレポート  >  NEWS  >  ボーカリスト「Airi」さんが語る「DPA 2028」の魅力
ボーカリスト「Airi」さんが語る「DPA 2028」の魅力
ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。
最新の製品情報と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

2020年2月10日

ボーカリストAiriさんに、DPA Microphonesの新しいボーカル・マイクロホン「2028」の魅力についてお話いただきました。

 


■プロフィール
Airi  - ボーカリスト・DJ -

仙台市生まれ、上智大学文学部仏文学科卒業。
幼少期からピアノやバイオリンを通して音楽に親しみ過ごす。
18歳の時に聴いたビリー・ホリディ、サラ・ヴォーン、カーメン・マクレエといったシンガーに心酔しジャズに開眼、ジャズボーカリスト東郷輝久氏に師事。留学生活を経て大学に通う傍クラブでジャズを歌い始める。

現在は都内を中心に精力的にライブ活動を展開。
2019年12月 Steelpan Recordsからミニアルバム「Airi is Her Name」をプロデューサーに塩田哲嗣氏を迎え全国リリース。
コアなジャズボーカルファンにも、コアなファンにも、これから聴きたい人にも届けられるよう、自身の考えるジャズの世界観を歌に乗せて伝えている。​
またシンガーとして活動する一方で、その幅広い音楽性を生かしDJ、音楽セレクターとしての顔も持つ。ジャジーとされるサウンドを様々なジャンルに織り交ぜ、独自の視点で空間を意識したプレイを持ち味としている。
★Airi オフィシャルサイト



■2028製品ページ