DPA-Technologiesについて

HOME > DPA Microphones >  ユーザーレビュー  >  NEWS  >  【DPA】How to mic a Mandolin -マンドリンのマイキング-
【DPA】How to mic a Mandolin -マンドリンのマイキング-
DPA 4099のマンドリンへのマイキング方法を、マンドリン奏者桝川千明さんにご紹介いただきました。 本動画でご紹介しているマイキングでは無指向性ミニチュアマイクCORE 4061を使用しています。無指向性マイクは全方向(360°)からの音を収音できるため、マイクの向きを気にせず演奏の邪魔にならない位置に設置することができます。実際に本動画内でもマイクのカプセルは上を向いていますが、マンドリンの響きを確実に捉えたクリアな音質で収音することができています。 またマイクの設置には、スピーチの収音などのシーンで、小型マイクを襟もとに設置するためのクリップ"SCM0013-B"を使用しています。とても小さなクリップですが、挟み込む力が強いため確実に固定することができます。ただし、楽器のデザインや挟み込む場所の厚み等によっては、本製品が取り付けられない場合もございます。事前にご確認いただくことをお勧めいたします。

2021年4月22日

      

★マイクの詳細はこちらから CORE 4061ラべリアマイク(無指向性・低感度)
SCM0013-Bミニチュアクリップ

------------------------------------------------------------
桝川千明 (ますかわ ちあき) 2002年日本マンドリン独奏コンクール第1位受賞。2008年ドイツで行われた桑原康雄独奏コンクールではセミファイナルに出場。ソロコンサートやピアノ・ギター・弦楽との室内楽コンサートを開く他、管弦楽団のマンドリンパート・エキストラとしても活動している。前橋の朔太郎音楽祭・神戸国際音楽祭・大阪国際マンドリンフェスティバル・瀬戸内撥弦楽器フェスティバルにソリストとして出演。近年はe田橋crazysにも参加し、未だ見ぬマンドリンの世界を追求している。 - オフィシャルウェブサイト https://mandolin-chiaki.amebaownd.com/

How to mic a Mandolin