SYSTEM - KLANG:technologies - ヒビノインターサウンド株式会社
HOME  >   技術資料(KLANG)  >   SYSTEM
SYSTEM
この[SYSTEM]タブメニューは、fabrikのみの機能です。


必要に応じて入出力チャンネル数を変更してください。
systemmenu-1024x602


CLOCK SPEED MODE(クロックスピードモード)


3種類の設定が用意されています。
  1. SINGLE (44.1/48k):シングルレート(44.1/48kHz)
  2. SINGLE w EQs (44.1/48k):シングルレート(44.1/48kHz)、EQ機能ON
  3. DOUBLE (88.2/96k):ダブルレート(88.2/96kHz)
この設定は入出力チャンネル数に影響します。



NUMBER OF OUTPUTS(出力チャンネル数)

fabrikでは必要に応じて出力チャンネル数(ミックス数またはユーザー数)を変更できます。出力チャンネル数を調整した後、設定を転送するため[RESTART]を3秒間クリック&ホールドします。すると、KLANGユニットのソフトが再起動し、出力チャンネル数が反映されます。プリセットは引き続きロードが可能ですが、例えば、現設定よりもユーザーミックス数が多く、チャンネル数が少ないプリセットをロードした場合は、新しいチャンネルの情報はチャンネルリストの最後に追加されます。また、現設定よりもユーザー数が少ないプリセットをロードした場合はチャンネルを持たないユーザーがユーザーリストの最後に並びます。

入力チャンネル数は、次の表に示すようにミックス数、サンプリングレート、およびEQ設定によって決まります。

IO-channel-user-mix-count_KOS3_1_web-01-1024x669

※注意:KLANGユニットはカスケード接続してミックス数を増やすことができますが、入力チャンネル数自体が増えるというわけではありません。

例:1台のfabrikを8ミックス24入力(48kHz、EQなし)構成で使用している場合、48入力が必要であれば、fabrikの入出力構成を4ミックス48入力(48kHz、EQなし)に変更します。
fabrikがもう1台あれば、同じ入出力構成で4ミックス48入力を追加できます。このように、2台をカスケード接続することにより、入出力構成を変更せずに入力チャンネル数を間接的に増やすことが可能です。



MADI PORT 2(MADIポート2)

MADI BNCポート2は、デフォルトでは出力として設定されていますが、ソフトウェアで入力ポート2に切り替えることができます。この設定に応じて「ROUTING」画面の表示が変わります。



RESTART(再起動)

「RESTART」ボタンを3秒長押しするとユニットのソフトリスタートが実行されます。通常リスタートは10秒以内に完了します。




■CONFIG MENU>SUB MENU
⇓Quick Access