DPA-Technologiesについて

HOME > DPA Microphones >  NEWS  >  COREテクノロジー搭載マイクの【IP58】適合について
COREテクノロジー搭載マイクの【IP58】適合について
更新日:2021.6.4


CORE 4060

IP58COREテクノロジーを搭載したマイクは指向性に関わらずすべて国際規格IEC60529:2013 edition 2.2「筐体によって提供される保護程度(IPコード)」について【IP58】に適合*しています。
(※)試験は、DPA Microphones社からデンマークの第三者機関であるフォース・テクノロジーが実施しています。


 *IP58とは…
防塵:有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(5級)
防水:継続的に水没しても内部に浸水することがない(8級)


DPAのCOREマイクは防水性能の保護等級では最高レベルの【8】を取得していますが、
これは「水中で使える」「濡れても大丈夫」という意味ではありません。

ここでいう「水」というのは精製水のことであり、汗や雨など不純物を含む液体は該当しません。また「IP58」は取得していますが、DPAのマイクは水を含む液体物に浸すことを推奨するものではありません。使用の際には、これまで通り十分な注意を払い、万が一濡れた場合には水分が完全になくなるまで自然乾燥することが必要です。

以上の点を十分ご理解のうえ、注意してご使用いただけますようお願いいたします。

汗や雨などで濡れてしまった場合には、DPAが推奨する方法で純水を用いてマイク・カプセルをクリーニングすることをお勧めします。
※詳しい方法はコチラから↓
マイクのクリーニング方法


IP58について

■防塵性能の保護等級
X(未テスト)、0(無保護)~6(最上位)までの7段階で評価

COREモデルは【5】
粉塵の侵入はほぼ防ぎ、若干の粉塵が内部に入っても正常な動作は損なわれない。

■防水性能の保護等級
X(未テスト)、0(無保護)~8(最上位)までの9段階で評価

COREモデルは【8】
製造社(メーカー)が指定する条件下で連続的に水中においても有害な影響がない。