HOME  >   DiGiCo  >   デジタルミキシングコンソール  >   SD7 Quantum
SD7 Quantum
SD7Q-56EXHD-32B with SD-Rack (HMA) オープンプライス
SD7Q-WS(-HMA/-NC/-ST ) オープンプライス

SD7 Quantum_main

SD 7 Quantum
入力チャンネル バス ソロバス マトリクス コントロールグループ* サンプリング
レート
最大253chプロセッシング
(入力チャンネル)
最大128ch
(AUX/GRPの総計)
モノ/ステレオ/サラウンド×2 最大48入力×48出力 36 96/48kHz,24bit


最新・最速のオーディオ処理能力
  • “ステルス・デジタルプロセッシング”をベースに第7世代の最新のFPGAデバイスを3つ搭載。圧倒的な音響処理能力をさらに拡張。よりパワフルに進化したミキシング機能を提供。
  • Quantumエンジンの内部では、最大2,000チャンネルを96kHzで688のプロセッシングパスに送信可能。 新しいGTXポートは6.6GHzで動作し、最速のデータ送信を実現。
  • 3基の第4世代SHARCがFPGAの補間アルゴリズムを制御。暖かいアナログ感覚を生成。

圧倒的な音響処理能力が生み出す、革新的なプロセッシング

  • 特許取得済みの「Nodal Processing」は、 全てのAUXセンドに入力チャンネルと同等のEQやダイナミクスの機能を装備。圧倒的な処理能力を使用した革新的な機能として、ミキシングエンジニアの能力を最大限に引き出し、アーティストのイメージに近接。
  • Mustard_Dynamics_Screen

  • solo機能がコンソールのほぼすべてのポイントで再現可能で、そのソースがどのように処理されたかを検聴できる「True Solo」機能を搭載。

  • チャンネルストリップの新しいアルゴリズム「Mustard」を追加。標準のSDプロセッシングと組み合わせて使用すると、プリアンプ、フィルター、EQ、ゲート、および選択したコンプレッサータイプを既存のチャンネルストリップに追加。

  • 任意の位置の任意のチャンネルタイプに自由に挿入できるプロセッサー「Spice」も投入。

超大型システムも可能にする構成力と豊富な入出力系統

  • 標準でオプチカル端子を装備しており、最大5台のSDシリーズコンソールと最大14台のSD-Rackを接続して504chの大規模システムを96kHzで構築可能。オプションでデュアルループにアップグレードにすれば、1008chのIOを共有できる超大型システムが可能。
  • UB MADIを内蔵。USBを介して48ch(@48kHz)のPCレコーディングやプレイバックが可能。
  • DMIカードを装着できるスロットを装備。現場に合わせた設定が可能。
  • アップグレードキットなしでWaves Soundgridに対応可能。

OSC(Open Sound Control)

  • DiGiCoのSDコンソールのサーフェスから、KLANG:technologiesなどOSCプロトコルに対応するデバイスの外部制御が可能。
iPAD用リモートコントロール・アプリケーションソフトウェア「SD APP」を用意
  • SD Seriesをワイヤレスで制御。ステージや客席などで、実際に音を聞きながら遠隔操作が可能。
    (→詳細はこちら

SD7 Quantum_rear

SD7Q T

SD7Q B

SD7Q T for Theatre
劇場や演劇に特化した機能を備えたSD7
■UKロンドンの劇場やミュージカルのニーズを取り込んだ機能を豊富に装備。
※オプションのアップグレードキットが必要です。
SD7Q B for Broadcast
放送中継の機能をもちあわせたSD7
■SD7に5.1chサラウンド、ミックスマイナス、スピーカーセレクトなど、ブロードキャスト固有の機能を追加。
※オプションのアップグレードキットが必要です。
■SD7Q  質量:141kg

SD7Q_dim

■EX007(オプション)  質量:80kg

EX007dimension

入出力性能
フェーダー数 38
サブフェーダー数 14
入力チャンネル 最大253chプロセッシング(入力チャンネル/AUX/GRP/ソロバスの総計)
バス 最大128ch(AUX/GRPの総計)
ソロバス 2(モノ/ステレオ/サラウンドより選択)
マトリクス 最大48×48
コントロールグループ 選択式(VCA、ムービングフェーダー、ミュートグループ)×36
イコライザー 48バンドGEQ( ±12dB)×48
内蔵エフェクター ステレオエフェクター×48
ローカルI/O マイク/ライン入力 12
ライン出力 12
AES/EBU入出力(※1) 6
MADIインターフェース 4(75ΩBNCコネクター×16リダンダント含む)
※リダンダントエンジンにも同数搭載
オプチカル(Optocore)インターフェース 2 ※リダンダントエンジンにも同数搭載
MIDIインターフェース In / Out / Thru
外部ディスプレイポート DVI×2(HDMIに対応するディスプレイをご使用ください)
外部同期 ワードクロック、MADI、AES、Optocore、Video
USB2.0 ポート 3 ※リダンダントエンジンを含む
GPI 通常16系統(32系統まで拡張可能)
GPO 通常16系統(32系統まで拡張可能)
ヘッドホン出力 標準フォーンジャック×2、インピーダンス : 8~600Ω
音響特性
サンプリングレート 96/48kHz
レイテンシー 1ms(代表値:チャンネル入力→LRバス→ステージ出力@96kHz)
内部プロセッシング 最大40bitフローティングポイント演算
AD/DA変換 24bit
周波数特性 20Hz~20kHz(±0.6dB)
THD+N 0.05%以下(定格ゲイン、10dB入力@1kHz)
クロストーク 90dB以上(40Hz~15kHz)
残留ノイズ -90dBu以下(代表値 : 20Hz~20kHz)
マイク等価入力ノイズ -126dB以上
最大出力レベル +22dBu(標準仕様)
最大入力レベル +22dBu(標準仕様)
入力チャンネル/AUX/グループ/マトリクス
アナログゲイン(入力チャンネルのみ) -20dB~+60dB
デジタルトリム -40dB~+40dB
ディレイ 最大1.3秒
ローパス/ハイパスフィルター 20Hz~20kHz、24dB/oct
インサート 2系統(EQ/ダイナミクスのプリ/ポスト)
パラメトリックEQ 8バンド
ダイナミックEQ 688ch
ダイナミクス コンプレッサー、ゲート、ディエッサー、ダッカー
ソロバス ソロバス1/ソロバス2/両方、オートソロ
最大ラック数/DMIスロット/UB-MADI
最大ラック数 18(2ループ組む場合は32)
DMIスロット 4
UB-MADI(サンプリングレート48kHz時) 48ch
電源、消費電力、寸法(W×H×D)、質量
電源 内部電源×2(AC100V、50/60Hz)
消費電力 ピーク時 600W
起動時 650W
寸法(W×H×D)、質量 1496×509×931mm、141kg
※1)コネクター系統数。1コネクターあたり、2chの入出力の使用が可能。

SD7Q_1SD7Q_2SD7Q_3SD7Q_4SD7Q_5
※クリックすると拡大します。
EX007

■EX007
SD7 Quantum上で一度に制御できるチャンネル数と実質フェーダーを拡張するユニット。2つの画面を搭載し、メーターや機能はSD7 Quantumと同じ。経済的なCAT5ケーブルで100m延長でき、SD7 Quantumのリモートコントローラーとしても利用可能。
※オプションでフライトケースも用意しています。(FC-EX007)

 FC-SD7
■SD7-SCRIPT:SD7 Quantum用スクリプトトレイ。
■SD7-TUPG:SD7
 QuantumTシアターモデルへのアップグレードキット。

■SD7-BUPG:SD7 QuantumBブロードキャストモデルへのアップグレードキット。

■FC-SD7:SD7 Quantum用フライトケース 

■MADI伝送

BNC同軸、各種オプチカルケーブル
SDrackicon_SD-MINI Rack

各種オプチカルケーブル
icon_SD-NANO Rack 

RJ45/BNC同軸ケーブル
icon_D2-Rack